毎日がハッピー⁉︎~いろいろなコトがあるけれど、どんな日も幸せ~

「幸せと思えることが幸せ」だということに気がつくと、もしかしたら身近な幸せにもっと気付けるようになるかもしれません。

今日は何の日⁉︎

「今日は何の日⁉︎」という感じで、毎日何かしら「○○記念日」というものがあります。
祝祭日以外にも、その他諸々たくさんありますよね。

もちろん、毎日チェックしても、そんなに覚えられるはずもないのですが、ある意味すごいことですよね。

 

今日はどんな日⁉︎

ところで、そういう誰かが決めた日ではなくて、あなた自身にとって「今日はどんな日」ですか。
昨日はどうでしたか。
そして、明日はどんな日でしょうか。

私たちは、ついついそういう事を意識の外に飛ばしてしまっている気がします。
でも、考えてみて下さい。
私たちが生きていること、そのものが奇跡で、とても素晴らしい事なのです。
つまり、本当は毎日が特別な日であり、かけがえのない日なのです。

もちろん、だからといって毎日ケーキを買って、自分にご褒美といってプレゼントを買う必要はありません。
(いろいろな意味で、それはやめた方が良いかもしれません。)
でも、やっぱり今日という日は特別で、昨日も、明日も特別なのです。

 

昨日は辛い日だった⁉︎

もしかしたら「昨日は辛くて……」という日もあるかもしれません。
もしかすると、月単位、年単位かもしれません。
しかし、それは過去の事です。

中には刺激が強過ぎてトラウマになってしまうような事もあるかもしれません。
確かにそういう日もあるのです。
むしろ、生きているということは楽しい事よりも泣きたくなるような辛い日の方が多いかもしれません。

学校の勉強も苦痛ですし、会社だってできればサボりたい。
自分なりに頑張っても結果に結びつかないし、誰も褒めてくれない。
「みんな頑張っているのだから、キミも頑張りなさい!」というような無言の圧力を感じることもあるかもしれません。

でも、考えてみて下さい。
他人や自分を責めるのは簡単ですが、それでも自分なりにその日その日を生き抜いてきたという事実を。
もちろん人は自分だけの力で生きていられるわけではありません。
しかし、昨日という日を生き抜いてきたからこそ、今日の自分がいるのです。

散らかった部屋がキレイにならなくても、ダイエットに失敗しても、それでもアナタはアナタなりに精いっぱい生きてきたのです。

自分に甘くしろとは言いませんが、みんな自分に厳しすぎるのです。
だから多くの人が「私はダメダメなんだ……」と自分を否定したくなるのです。

そうではなくて、もっとプラスの面に目を向けて欲しいのです。
特に際立ってドラマチックな展開の日にならなくても良いのです。
だって、アナタの人生はTVドラマでもなければ少女漫画でもないのですから。
そして、昨日という日はもう過去なのです。

アナタは過去ではなく、「今、この瞬間」を生きて下さい。
明日に向かって生きて下さい。

 

今日も平凡な日だった……⁉︎

仮に思い通りに行かない事があっても、「今日という日が無事に終わった」、「またいつも通りの一日だった」という事で十分、加点に値するのです。
それをマイナスに捉えないで下さい。

「今日という日を乗り切った!」という実績は本当に素晴らしいのです。
あまり考えたことはないかもしれませんが明日が必ず来るなどという保証は何処にもないのですから。
もちろん運も関係ありますが、今日という日を乗り切ったということは、それだけで奇跡的な事なのです。

平凡な日常は、本当は平凡でも何でもないのです。
その事にさえ気がつけば、きっと今日という日の素晴らしさがきっと実感できるようになると思います。

 

誰の人生を生きているの⁉︎

私たちが、自己否定をしたくなるのは何処かで他人と比べてしまっているからです。
そこで考えて欲しいのです。
「あなたは、誰の人生を生きているの⁉︎」と。

同級生や、近所の人、職場の人、親戚etc……。
もしかしたら、毎日誰かと比較していませんか。
でも隣の芝生が青かろうと何だろうと、それって本当は自分には関係の無い話ですよね。
もちろん困った人がいたら無関心ではなく、そっと手を差し伸べてあげて欲しいですが。

まずは自分自身が今日という日を少しでも充実させることが大事なのです。
過去を悔む気持ちはわかりますが、見るべきは「今」です。
そして感情を大切にして欲しいのです。

「夕飯が美味しかった!」とか「シャンプーが良い香り!」とか、何でも構いません。
小さな事の一つ一つをじっくり味わって堪能してみて下さい。
今まで気が付いていなかっただけで、世の中には素晴らしい事が数え切れないほど存在しているのです。

私たちは、そういった本当に大切な事を結構見逃しているのです。
それってとっても勿体ない事なのです。

良い事って一瞬で忘れてしまうのです。
反対にイヤな事はいつまでも根に持ってしまいがちです。
これ、逆なら良いですよね。

「幸せと思えることが幸せ」だということに気がつくと、もしかしたら身近な幸せにもっと気付けるようになるかもしれません。

そして、もしアナタが小さな幸せを1つでも見つけたら、それが「今日」という日のプレゼントなのです。
できれば、その小さな幸せを何らかのカタチで還元してみて下さい。
幸せは幸せを連鎖させます。
その連鎖を明日につなげるように意識して見て下さい。
明日はきっと今日よりも素晴らしい日になりますから!

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711