スピリチュアル進化論〜進化しないスピリチュアル=宗教〜リーダーたちの言うことはなぜ違うのか

スピリチュアル界においても進化が起きています。その時代の人類の集合意識の変化によって精神世界も進化しているのです。例えば、東西冷戦時代の厳しさからワンネスという概念も生まれました。スピリチュアル界にも旬と言えるものがあるのです。ショックかも知れませんが、実は賞味期限が過ぎたものが多いのです。そして、進化しないスピリチュアルを宗教と言うのです。
スピリチュアル

〈スピリチュアル界にも進化がある〉

スピリチュアル界においても進化が起きています。
その時代の人類の集合意識の変化によって精神世界も進化しているのです。

例えば、アメリカ、ソビエトの東西冷戦時代の厳しさからワンネスという概念も生まれました。
ワンネスは、「あなたはわたし」「わたしはあなた」という概念で、人類の源は一つで、そこに帰って行くという考えで、スピリチュアル界におけるひとつの大きな潮流です。

わたしは、「ワンネス」のおかげで、ベルリンの壁が崩壊し、東西冷戦に終止符が打たれたと思っており、その功績を称えたいと思っています。

 

〈スピリチュアルの賞味期限〉

だからスピリチュアル界にも旬と言えるものがあるのです。
スピリチュアルは、神聖なもので普遍的なものだと思っている方には、「旬がある」と聞いたらショックかも知れませんが、実は賞味期限が過ぎたものが多いのです。

ワンネスもわたしはすでに大きな役目を果たしたと言えるのではないでしょうか。
※実は、今の時代に相応しい「ワンネス」の別の意味があります。

スピリチュアル界のどの概念も、それがある人(聖人・賢者)に降りて来た時点のエネルギーが最高で、それを知識として伝えている間に、少しずつエネルギーが劣化しているのです。

スピリチュアル

 

〈進化しないスピリチュアル=宗教〉

残念なことに、聖人の弟子たちが劣化したエネルギーを保持するために、組織や教典が出来ると、それは、聖人が受け取ったエネルギーとは別のものになってしまいます。

例えると、聖人が起こした焚火が消えないように、弟子たちによって、エネルギーの薪が追加されて行きますが、それは、最初に聖人が起こした火とは違うものになっているのです。

そして、進化しないスピリチュアルを宗教というのです。

 

〈リーダーたちの言うことはなぜ違うのか〉

では、最新のスピリチュアルとは何でしょうか。

スピリチュアル系のリーダーたちの多くが覚醒したと唱えて、様々なことを言っていますが、それぞれに言うことが違います。
似通った主張もありますが、龍神の話をする人もいれば、バシャールを語る人もいれば、○○星から来たと主張する人もいれば、エンジェルとか守護霊の話をする人もいます。

では、なぜ、話が違うのでしょうか。

それをみなさん考えたことありますか。
そのなかの一人がホンモノで、あとは偽物なのでしょうか。
わたしが思うには、真実の一面しか見ていないからそう見えるのです。

真実は、シンプルで美しいものです。

 

参考動画はコチラです
↓↓

 

★開運堂どんどんのYouTubeチャンネル★
https://www.youtube.com/channel/UC385zr4CxneYN-yPl1ZmAKg/

 

《開運堂どんどん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/jiaimethod/?c=163943