「医師が語る霊障」出版ドクター;橋本和哉先生が語る 「心身ともに健康に生きるためのスピリチュアルな要素とは?」

癒しフェアin東京にて、無料講演・有料ワークショップの出演が決定している橋本和哉先生。 今回の出演を前に、TRINITYWEB読者へ特別にお話しをお聞かせ下さいました。
橋本和哉,はしもとかずや,春鳳会,医学博士

世界保健機関 WHOの憲章では「健康とは、ただ疾病や傷害がないだけでなく肉体的、精神的ならびに社会的に完全に快適な状態であること」と定義されています。

未病や心身の不調の段階で既に健康ではないと考えられます。

私は、健康であるためには心身に足らないものを補う、要らないものを捨てることだと考えています。

先ずは身体のことを考えてみましょう。
クリニックに来院される人で体調不良があるものの検査しても異常が無い人が少なくありません。そのような場合、大抵、腸内環境が悪化しています。この頃は鬱や自閉症まで腸内環境と関わるとまで言われるくらいです。これには腸内細菌を整えることが大切です。

また、腸内環境が悪化していると栄養が充分吸収されません。慢性的な栄養障害にもなります。栄養障害特にチェックポイントは鉄(貯蔵鉄のフェリチンを含む)と赤血球の性状チェック(MCV、MCHなど)ですが、単に血色素、赤血球数が良いからと安心はできません。いくら赤血球があっても赤血球が上手く働けないと大切な酸素が運べないからです。

あと、良質な食材が少ない現代ではミネラル、ビタミン、タンパクが不足しがちです。

次に人は食事したり空気を吸うので、日常的に口腔や歯肉、鼻腔では細菌やウイルスはとても多いのです。それが微細な炎症を起こし不調を来すこともあります。歯を磨く人は多いですが歯を磨いた後でもかなり残っているもので、歯以外に鼻腔や気管にも菌やウイルスは残っています。

また電磁波、有害金属、ダイオキシンなど有害物質が蓄積していることもあります。

橋本和哉,はしもとかずや,春鳳会,医学博士


スピリチュアルな異常をチェックする前にこのような身体異常がないか?をチェックすることはとても大切です。
では、スピリチュアル的な異常に参ります。マイナスエネルギーはいくつもありますが、日常的に受けるマイナスエネルギーで「人からの意識」はとても多い原因です。誰かがあなたのことをちょっと思うだけで、怒り、妬みなどの負の感情は当然として、好きとか心配という思いやるような気持ちであっても、そのエネルギーはやって来ます。その意識が強烈であればなおさら強くやって来て放置すると身体内に入って来ます。人からの意識エネルギーが独自に意識を持った状態が生霊です。早めに消しておかないと頭痛、肩こり、転倒などの症状を起こします。

次に日常的に受けるマイナスエネルギーは瘴気エネルギーです。瘴気とはその場に漂うマイナスエネルギーのことで、例えば病院にお見舞いに行くと疲れる、クライアントさんを施術すると疲れるなどは瘴気エネルギーのためです。これも放置すると身体に蓄積してドシンと重く疲れが取れない感じになります。早めに消しておきたいエネルギーです。

 橋本和哉,はしもとかずや,春鳳会,医学博士


感情の蓄積は本来排出しておかないとといけない感情を溜め込んだケースです。

慢性的に不調を来し、酷い時には癌までも起こす誘因になります。手放したり消しておくことです。

トラウマは過去に耐え難い経験をして未だにそれを思いだすと身体が反応してしまうフラッシュバック現象を起こしますが、オーラにあるトラウマエネルギーを見つけて消すと数分で改善します。

霊的な異常を受ける人も居ます。亡くなった人の霊だけでなく、魔物、宇宙霊、さらに呪いなどが関与するこもあります。占いでどんなに運気が良いと出ていても霊障を受けると運気は極端に落ちます。一般の人が自分でこれらに対処することは相手が意識を持った存在なためとても危険です。防御も水晶ブレスレッドや塩などで対処できるなどと思ってはいけません。霊能者は命がけで対処しています。防御しきれない場合、霊能者でも相当なダメージを受けます。私も外国由来の魔物の依頼を扱い、1ヶ月近く苦しみ寝込んだこともあります。くれぐれも信頼のおける専門家への相談をお勧めします。

医療法人 春鳳会 はしもと内科外科クリニック 橋本和哉

 

《橋本和哉先生の癒しフェアin東京出演者情報はコチラ》
http://www.a-advice.com/tokyo_2019/guest/hashimotokazuya/

《橋本和哉先生の有料ワークショップお申込みはコチラ》
https://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=2489