いのちのしっぽ〜盆の時期にはぜひご先祖様に日頃の感謝をお伝えしてみましょう。

いのち

いのちのしっぽ

梅雨明けしたと思ったら、いきなりの酷暑ですが
みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

早いもので、もうお盆がやってきます。
お盆は今を生きている私たちとご先祖様とが近しくなる時。

今日はご先祖様と私たちについて考えてみましょう。

私たちはこの世界に生まれてくる時に
自分の家族を選んできますが
それは自分の魂の目的を達成するために必要で
もっとも適した環境だから今のご家族を選んだのですね。

ご家族とうまくいっていない
生まれ育った家族は嫌いだという方がいらっしゃるかもしれませんが
それでもあなたがその家に生まれたのには理由があります。

日本人はもともと「家」という感覚が
他の民族に比べて強いのかなと思うのですが
それは「家(親族・一族)」を一つのエネルギー体として捉えるという
風習があるからではないかな、と思います。

いのち

さて、あなたの魂が目的を果たすために
その家系の遺伝子が必要だったという意味で
あなたはご先祖様も選んでいます。

ご先祖様の様々な経験やスキルや
あるいは思い癖や傾向など
様々な情報を私たちはDNAとして
物理的に継いでいるのですね。

だから私たちはスピリチュアルな意味だけではなく
物質的な意味でもご先祖様たちと繋がっているのです。
ご先祖様たちというのは飢えや病気、戦争など様々な困難を越えて
私たちにいのちを繋いでくれた方たちでもあります。
だから私たちはその血のうちに
それらの困難を越えていく力を持っています。
それはご先祖様たちからの具体的な応援でもありますよね。

私たちはよく「自分には出来ない」とか「無理」とかと思ってしまいますが
困難を越えて生き残った人たちの末裔なのですから大丈夫なのです。

まずはご先祖様たちが生きて、いのちを繋いでくれたということ
感謝を捧げましょう。
そこには私たちが想像もつかないような大きなギフトがあるはずです。

そしてご先祖様という縦の糸を辿っていくと神様にいきつきます。
だからご先祖様に感謝をし、ご先祖様を大切にするということは
私たちが宇宙や神様たちとの繋がりを回復する上でもとっても大切なことなのです。

昔の日本人はこの縦のつながりをとても大切にしていましたから
その分、神界との繋がりも深かったのでしょう。

 

お盆の時期にはぜひご先祖様に日頃の感謝をお伝えしてみましょう。

お墓参りに行ければいいですが、行けない方は心の中でも十分に通じますよ。

ご先祖様というのは子孫の幸せを願っているものです。
あなたが幸せに生きていればそれだけでご先祖様は喜びますし
あなたが癒されれば、ご先祖様たちも癒されます。
なぜならばあなたの中に全てのご先祖様がいらっしゃるからです。

いのち0000000

オセロに例えると途中が真っ黒でも最後が白くなれば全部白くなる
ということですね。
それはいのちのしっぽを生きるものとしてご先祖様にできることかもしれません。

ご先祖様たちに感謝して、今を生きている自分にも感謝して
そして私たちのこれから生まれてくる誰かの先祖として
次の世代やその次の世代の幸福を祈りながら。
新しい物語をつむぎ始めましょう

スピリチュアルティーチャー美月結でした

 

公式サイト:https://goldendrops.jimdofree.com/
公式ブログ:https://ameblo.jp/golden-drops

 

《美月 結 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/goldendrop/?c=93250