並木良和さんインタビューvol4【豊かさの意識】 前編

並木さん

皆さん、こんにちは。 いま話題のスピリチュアルリーダー、並木良和さんのインタビューをお届けします。

 

お金の制限から抜ける

記者
あらゆる概念から抜けていく中で【お金】の概念、制限というのがとても強力だと思うのですね。
私自身もですが、みんなが引っかかる部分じゃないかな、と思います。
この【お金の制限】ついて簡単に手放す方法や考え方はありますか?

並木さん
まず、採用してみて欲しいな、と思うことがあって、僕は【すべてがある】っていう世界に住んでいます。お金もあるし、友情もあるし、愛もあるし、とにかく【すべてがある】って世界に住んでいる、という体感で生きているんですね。

でも、多くの人の場合は【ない】【不足】というのがベースになった世界に生きています。

つまり、「これが足りない、あれが足りない、それもない、必要なのはこれなのに、まだ全く足りていない」っていう、ないないない、って世界に住んでいるんですね。

なぜかというと、【ない】にフォーカスしているんです。
今月も足りない、今月も無くなっていっている……そういう豊かさの意識に対する、貧困の意識に多くの人達がいるのが現状なんです。

みんな【ない】っていうことにフォーカスするのは慣れているんですが、【ある】ということにフォーカスするのが、なかなかできないんですね。

たとえば、ケーキを半分食べました。

並木さん

「わ!まだ半分残っている!」と思える人って豊かになるんですね。
つまり、【ある】に意識が向いているんです。

でも貧困の意識の人は、「もう半分しか残っていない」って【ない】方に意識が向くんですね。
この【ない】というフォーカスは【ない】を具現化します。
だって、僕たちが創っているんだから。

でも【ある】という方に意識が向くと、 これもあるし、あれもあるし、これも満ちてるし、あれも足りてるし、本当に【ある】ということを体験し始めるんです。
つまり、どちらにフォーカスするか? でその人が何を体験するかが決まるんです。

 

問題はお金ではない

記者
では、お金のために何をするか? どんな行動をするか? ではなく、ほんとうに、意識の使い方だけ、ということでしょうか

並木さん
そうです。
まず、意識を変えていかないと、どれだけ必死に働いても、いくつ仕事を掛け持ちしても、一向に豊かになることはないんですね。

※並木さん胸に手を当てる

まずここ(内側)が満ちていないので、まだ足りない、まだ足りない、もっともっと、ってなるんですね。

結局、お金の問題だと思っていますが、お金の問題ではないんですよ。

みんな、ここ(内側)を満たしたいだけなんです。外ではないんです。
なのに、外を追いかけるから、いつまでもこっち(内側)に目が向かない。
いくらやっても、満たされない。 足りないのは、外ではないからです。

このことに気づかない限り、エンドレスでやります。
そのかわり、「あ、違う! 外じゃなくて、ここなんだ」って、自分の方に意識を向けて内側を満たすことに集中する。
そうするとエネルギーが満ちるんです。

すると、この満ちた意識で満ちた現実を反映し始めるので、
「あれ、最近お金流れが良くない? なんか最近愛情の面でも満ちているよね?」って見える現実が展開していくのは自然なことなんです。

これを外側を満たそう、満たそうとして気づいたときにはおじいちゃんおばあちゃんになっていきます。
それでも気づかずに多くの人達は亡くなっていきます。

そっちじゃなくてこっちなんだ! って気づくまでに何世紀も輪廻転生を重ねる人もいます。
でも今、こういう情報がやってきている、ということは、みんな、亡くならなくても生まれ変わらなくても、この人生で悟ることができますよ、ということなんです

次回、並木さんインタビューvol4 【豊かさの意識】中編 をお届けします。

並木良和さんのインタビュー記事一覧は藤原マリの記事一覧からご覧ください。

 

『並木良和さんプロフィール』

並木さん

スピリチュアル・カウンセラー&作家。2006年より神界と天使界の導きによりスピリチュアル・カウンセラーとして活動を始める。宇宙の叡智やスピリットガイドたちと協働しながら「本来の自分」に一致して生きるための「統合(LDLA)」を伝え、本来の人間が持っている能力や生き方、そして目醒めた状態で人生を謳歌する「在り方」を、自らの体験を通して国内外を問わず世界に教示している。即日満席となる講義やワークショップは、抜群のわかりやすさとその「人間性」から大勢の人を魅了し、師事を熱望する人が急上昇している。現在は様々な執筆活動に加えて、「APIROS(アピロス)」や、彼の能力を最大限に活かした講義と言われる資格スクール「SOFIA(ソフィア)」にて次世代のリーダーの育成、多分野とのコラボレーション活動を行ない、分野の枠を越えて活躍の幅を拡大している。

 

並木良和さん公式HP
http://www.namikiyoshikazu.com
株式会社ハートニクスHP
http://heartniks.com/

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299