並木良和さんインタビューvol4【豊かさの意識】 中編

並木さん

皆さん、こんにちは。 いま話題のスピリチュアルリーダー、並木良和さんのインタビューをお届けします。

 

【ある】に意識を向けるトレーニング

記者
たとえば、いま現実が望んでいる状態とかけ離れていたとしても、【ある】という方に意識を向け続ければいいのですね

並木さん
そうです。
たとえば、朝起きた時に、すぐバッ! と起きないで、まだぼーっとしているときに布団の中で、【感謝できること】を数え上げてみるんですよ。

なんだかんだいって今日、目が覚めたなぁ、感謝だなぁ。だって目が覚めないかもしれないでしょ?
なんだかんだいっても、雨風しのげる家があるわ、感謝だわぁ。
なんだかんだいって、仕事あるわぁ。ない人だっているのに、感謝だわぁ。
こうやって、出来る限り感謝できることを数え上げるようにするんです。
これは【ある】という方に意識を向ける練習です。
こうすると、みんな体験するんです。
【ある】という方に意識を向けて、感謝の念で満たされるようになると、だんだん、【ある】世界へと移行していくんです。
あ、なんか今日あの人に助けられて感謝だったわぁ。え。なんか臨時収入がはいって感謝だったわぁ。
いっぱいあるんだ、あるんだ、ということに気づき始めます。
そうなると、【ある】ということに対して自信が出てくるのね。
「なんだ、全てわたしの中にあるかもしれない」という意識になり、その人が必要なものを
どんどん具現化していくことが出来るようになります。なぜならその人は【ある】世界にいるからです。

記者
この練習は、寝起きにやるのがいいのですね。

並木さん
そう、ぼーっとしているとき。まだ覚醒していない、ぼーっとしているときは、潜在意識に染み入っていくので、より深くに落とし込むことが出来るんです。

ある、ある、あるっていうをとにかく意識的に練習してみるといいですね。
簡単でしょ。道具も要らないし。
そうすると、「本当にこれもある、あれもある、なんかすごい豊かじゃんね、わたし!」って気づけるようになります。
数え上げる練習していくと、これも、これもって、どんどん感謝できることが増えていくから。

会いたいと思っていた人に会えた!
やりたいと思っていた仕事がきた! なになに!? ってやっているうちに、ものすごい豊かだってことに気づいていきます

でも、それは【ある】ということに意識を向けることで、自分が満ちてきたからです。

並木さん

 

波動は磁石

記者
お金を使うときに「減る! なくなっちゃう! 思ったより高かった!」とか【使ってしまった罪悪感】、なんかが出てくることがあって、それがすごく影響しているなぁって思います。

並木さん
その【罪悪感】や【減っていく不安】なんかを外していくんです。

よく引き寄せの法則と言われているように、僕たちが【どういう波動を発しているか、で何を受け取るかが決まる】という法則が宇宙にはあります。

もし自分が不足を感じていたり、不安を感じていれば、それは当然、その不足を感じる現実、不安を感じる現実を引き寄せてきます。出している波動が、磁石になっているからです。

でも、もし、自分の中が満ちてくると、満ちた意識で、満ちた現状や出来事を引き寄せてくるので、まったく違うものになります。

そのためには、【罪悪感】や【減っていく不安】を見ないふりをしたり、抑え込んだりしてもダメなんです。
もう、持っていることが歴然とわかっているので、これを手放すんです。
手放すと、それはなくなります。その変わり、大丈夫、という安心感、なんとかなるでしょう、という楽観的な高い意識に変わっていくんです。

次回、並木さんインタビューvol3 【豊かさの意識】後編 をお届けします。

並木良和さんのインタビュー記事一覧は藤原マリの記事一覧からご覧ください。

 

『並木良和さんプロフィール』

並木さん

スピリチュアル・カウンセラー&作家。2006年より神界と天使界の導きによりスピリチュアル・カウンセラーとして活動を始める。宇宙の叡智やスピリットガイドたちと協働しながら「本来の自分」に一致して生きるための「統合(LDLA)」を伝え、本来の人間が持っている能力や生き方、そして目醒めた状態で人生を謳歌する「在り方」を、自らの体験を通して国内外を問わず世界に教示している。即日満席となる講義やワークショップは、抜群のわかりやすさとその「人間性」から大勢の人を魅了し、師事を熱望する人が急上昇している。現在は様々な執筆活動に加えて、「APIROS(アピロス)」や、彼の能力を最大限に活かした講義と言われる資格スクール「SOFIA(ソフィア)」にて次世代のリーダーの育成、多分野とのコラボレーション活動を行ない、分野の枠を越えて活躍の幅を拡大している。

 

並木良和さん公式HP
http://www.namikiyoshikazu.com
株式会社ハートニクスHP
http://heartniks.com/

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299