【潜在意識】をクリアリングして現実を変える! 言霊の驚きのパワー!

クリアリング

私はコーチ養成講座で「潜在意識を書き換える方法」として、認知行動療法と、イメージ療法を教えているのですが、潜在意識をクリアリングするひとつの方法として今日は『言霊の力』についてお伝えしたいと思います。

『言霊』とは、言葉には霊力があり、それぞれの言葉の持つエネルギーが無意識の領域に影響を及ぼし、いい言葉を使えば、良い結果が生まれ、悪い言葉を使えば、良くない結果になるという考え方で、日本は古来より、言魂の力によって幸せがもたらされる国「言霊の幸ふ国」とされていました。

 

あなたは言霊ということを信じますか?

言葉を言うだけで現状が変わるなら苦労しないよ! と思いますよね?
私も以前は思っていました。
「そんなで、浄化されるなら、みんなやってるでしょ!」って。

でも、これがホントにすごいんですよ!

以前、ある会社の社長さんに、この言霊のすごい力について教えてもらってから、私は今では日常的に言霊の力を使って、潜在意識をクリアリングしています。

私は、持病もあり、定期的に病院に検査通院しているのですが、ある時心臓の検査結果が思わしなく、1か月後に、カテーテル検査をして結果が悪ければそのまま手術をしましょう。
ということになりました。
足の付け根の動脈からカテーテルを入れて心臓を検査する方法で、そこで血管の詰まりが見つかったら、そのまま心臓の血管を風船で膨らませる手術をするというのです。

そのことを、たまたまその社長さんにお話したところ、自分の心臓をイメージして、心臓の細胞のひとつひとつに語り掛けるつもりで「ありがとう」「愛している」と言いなさい。
と教えてくれました。
「必ず現実が変わるから!」と言うので、私は半信半疑ながら、その教えに従ってみることにしました。

毎日寝る前に、ベッドの中で自分の心臓に手を当てて『心臓さん今日もありがとう。いつも休まず働いてくれて本当にありがとう。愛しているよ。』と語り掛けました。

数日続けていたら、どういう訳か涙が出てきました。
こんなちっぽけな私のために、1秒も休むことなく一生懸命働いてくれている心臓がとても健気で、愛おしく、「今まで全然気にもしないで酷使してごめんなさい。」という気持ちになりました。
そうやって毎日泣きながら言葉をかけ、そして、1か月後。

予定通り病院に行き、再びいろいろ検査した結局、1か月前の検査結果とは、全く違い、私の心臓は、どこにも詰まりがなく「1か月前の検査結果はなんだったんだろうね?」と先生も不思議がるほど改善していたのです。
もちろん手術もしないで済みました。

これは絶対に、言霊の力のおかげだと私は確信しています。

クリアリング

そのことがあってから、私はこの「ありがとう」「愛しています」の二つの言葉を、今では口癖のように言っているのですが、言霊の力を一番実感できることは「ありがとう」「愛しています」と言うと、気持ちが軽くなり、癒されていくのを感じることです。

たとえ、それだけでも、大分いいじゃないですか!
重い気分を引きることが無くなりますから。

言霊のエネルギーは、感情を浄化し、潜在意識にある重い塊をお掃除してくれて、結果的に、現実をも変えてくれるのです。

クリアリング

では、今日は言霊を使った潜在意識のクリアリングの方法をワーク形式でお伝えしたいと思います。

 

言霊で潜在意識を浄化するワーク

①目を閉じて、深い深呼吸をします。

②ハートのチャクラ(みぞおち)に手を当てて潜在意識にある、未消化の感情イライラや、もやもや、重い塊などを感じます。

体の具合が悪い人は、具合の悪い場所に手を当ててその細胞のひとつひとつに語り掛けることをイメージしてやってみてください。

③心を込めて、言葉の波動を送ります。
ホ・オポノポノの「ごめんなさい」「赦してください」「ありがとう」「愛しています」の4つの言葉を言ってもいいですし、「ありがとう」「愛しています」だけでもいいです。

④これを何度か繰り返しましょう

言葉を何度か言ってみて、感情がどう変わるか?
どんな感覚を受けるか?
自分の感じ方に敏感になって感じてみてください。

少しでも楽になったり、ホットしたり、すっきりしたら、効いている証拠。

きっとあなたの無意識である【潜在意識】がお掃除されて綺麗になり、やがてそれが外(現実)にも表れてきますよ。

 

《さくらあくり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tef2sakura2/?c=157526