【潜在意識】から夢をスイスイ叶える方法 — 内なる【高次元意識】を開くワーク

意識

先日、
ある方のセミナーで。

人間は、内なる神を持つ存在であり、
内なる神を持つ存在として、
どうあるべきか?
どう生きるか?
ということが大事です。というお話をお聞きしました。

私たちは、この体を「自分」だ、と思っていますよね。
でも、本当にそうですか?

例えば
ある人が自殺したいと考えていたとします。
でも
この肉体は、その人の顕在意識の思惑に全く関係なく、毎日、生きるための活動を日々淡々と行っていますよね。

私たちの意識できる顕在意識なんて、実は、とてもちっぽけな存在で、全体からみたらたった3%だと言われています。
3%なんて、大きなパズルのたった1ピースにしか過ぎません。

残りの97%の潜在意識こそが、この人生を生きているのです。

それをこの先生は
「あなたの中の【神】が生きて、あなたの人生を成している。」
とおっしゃっていました。

そう考えると
たった3%の顕在意識に任されている仕事とは、
感情を感じること、と、
感情に翻弄されること、だけですね。(笑)

量子力学では
意識は=バイオフォトンと言われる素粒子であり、波のようなエネルギーなのだそうです。
この波のようなエネルギー(意識)が、体全体から放射状に発せられ

意識は体を超えて大きく空間全体に広がっている。
そうです。

空間に浸透している意識=の全部が=「私」なのです。

私たちは「今」というこの【瞬間】と、場(フィールド)という【空間】の両方なくして、存在することができません。

つまり
私とは=この瞬間に、この空間に浸透している意識
ということです。

 

意識と、この場(空間)は常にワンセットなのです。

意識

脳幹にある「松果体」は
ゼロポイントフィールドと呼ばれる「場」との通信機能であり、私たちはこのフィールドからいろいろな情報を受け取って生きているそうなのですが、

ゼロポイントフィールドとは、つまり
コンピューターでいったら、「Cloud(クラウド)」みたいなイメージですかね?
あらゆるすべての情報がそこに内蔵されている場所。
この場所は、すべての空間の中に点在していると考えると解りやすいです。
「Cloud(クラウド)」もどこにあるか? は良くわからないですが、でも確かにありそうだとは思いますよね。

それに対して
脳の「松果体」はそこから情報をダウンロードする「携帯」みたいなイメージかな??

この「松果体」を活性化させることで
受信機能を高め、
より高次元にある意識と繋がる、という、すごーく興味深く、勉強になるお話でした。
まさに時代は5Gですよね。
見えている世界でも、潜在意識でも、
大量の情報を高速で取得できる時代に変化しつつあるということでしょうか。

で、
家に帰ってから、この先生のHPを読んだり、いろいろ検索していたら
さらに
とても興味深いワークを発見したので、みなさんにシェアしたいと思います。

意識

 

「イーグルアイ」の視点を持つワーク

すぐれたサッカー選手は「イーグルアイ」(鷹の目)を持っていると言われます。
鷹のような高い位置からサッカーフィールド全体をみる視点をもっていて
今自分がどう動けばいいかが高い視点で見れるということです。

このイーグルアイの視点によって
その空間全体としての自分という意識を持つためのワーク。

脳幹の松果体がより活性化され
ゼロポイントフィールドからの受信機能をさらに高効果があるとのことです。

ワーク
ゆっくりとリラックスして座ります。

ゆっくりと深呼吸をして
①今座っている自分を天井から見てみるイメージングをしてみましょう

②自分を含めた部屋全部をイメージの中で見渡してみる
その部屋が全部、今のあなたです。
何も考えずにただ俯瞰してみる。

それだけです。

キリストとか、ブッタなど、次元の高い人たちは、
この「イーグルアイ」の俯瞰の目が、
2000メートルくらいの、高いところにあったといわれていて
俯瞰できる空間が、
大きければ大きいほど能力が高いそうですよ。

座っている自分を上から眺める視点は、イメージできますが、部屋全体を見渡すのは、案外難しい。

でも、普段使わない脳を使うという刺激が
松果体を活性化させて、キャッチする能力が鍛えられるのかもしれません。
携帯を5Gに進化させるということですね。

意識できる顕在意識とはたった3%。
この、たった3%だけで、頑張ろうとしないで!

97%もある潜在意識の力を借りましょう。

そうしたら、
もっと楽に、もっと簡単に、スイスイ夢を引き寄せられるんじゃないかな? と思っていて、この方法をこれからも研究していきたいと思います。

 

《さくらあくり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tef2sakura2/?c=157526