運気が上がるどころか、望む人生に書き換えられる 腕振り体操 ~スワイショウ~

スワイショウは両手を振り子のように振る単純運動。 振り子と言えば、催眠術に催眠誘導する際に使われます。

2年前に書かせていただいた記事
簡単すぎて続けられない⁉︎ 運気が上がる体操
の内容をさらに掘り下げたものです。

仕組みややり方については、こちらを参照くださいね。
http://www.el-aura.com/bsihealing8/

 

腰痛の原因の85%が「ストレス」

今年の夏、建設会社の安全大会にて社員の業務に役立つ講話の依頼を頂きました。
建設会社の作業員・監督・事務方さんの共通のテーマは「腰痛」であろうな……
と、腰痛予防の構成を組み立てていた時に
このキーワードが気になりました。
腰痛の原因の85%が「ストレス」
……となると、いくら予防や改善の知識を身に着けても、ストレスについては一人ひとり
聞き取りをしないとフォローができません……。

この会社の9割が男性ということで、わたしが普段主流に使っているメンタルブロック解除や
エネルギーワークに関しては、受け入れられがたい手法になる(苦笑)

そこでスワイショウなら、
国内最大級のコンサルタント会社である船井総研の船井幸雄氏も
毎朝30分続けていらっしゃることだし、「心にも働きかける」効果があるとされる。

 

エンドルフィン(脳内麻薬)

スワイショウ(でんでん太鼓体操)には

◎全身の血行が良くなり体が温まる
◎基礎代謝が向上しダイエット効果
◎胃腸の動きが活発→内臓脂肪を燃焼
◎全身の血行が良くなる

という効果のほかに

エンドルフィン(脳内麻薬)の分泌を促進するという効果もあります。

 

■エンドルフィンとは?■

脳内で機能する神経伝達物質のひとつである。
内在性オピオイドであり、モルヒネ同様の作用を示す。
内在性鎮痛系にかかわり、また多幸感をもたらすと考えられている。
マラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくる作用「ランナーズハイ」は、エンドルフィンの分泌によるものとの説がある。
食欲、睡眠欲、生存欲、本能などが満足すると分泌される。
(ウィキペディアより)

このエンドルフィンを出すには、

1 マラソンをすること
2 前向きな発言をすること
3 ワクワクすることを考えること

などが挙げられるのですが、
マラソンを取り入れられる人は限られるし
前向きな発言は、思考の癖がネガティブだとなかなかできないこと。
ワクワクすることも、どんなことにワクワクするのか自分がわからない自分探し中だと
簡単にはできないこと。

でも、スワイショウ(でんでん太鼓体操)ならどんな時も! できると思います。
だって……超簡単だから
心の状態がどうであれ、マラソンをする時間も気力もなくても体力もなくても
その場に立って、少しの時間腕を振るだけ。

簡単すぎて続けるのが難しい説がありますが^-^;

 

自分で自分に催眠をかける

そしてもう一つ!

スワイショウは両手を振り子のように振る単純運動。
振り子と言えば、催眠術に催眠誘導する際に使われます。
スワイショウで自己催眠状態が作れる(いわゆるトランス状態)ことで、
スワイショウしながら、なりたい自分や、目標をアファメーションをすると、
簡単に潜在意識に落とし込める、というわけだ^^

これ、日ごろスピリチュアルの訓練をしていなくても
潜在意識を書き換え、人生をデザインすることができる簡単な方法ではないでしょうか?
試してみる価値あり♪
〈簡単だからいつでもできること〉と遠くに追いやらないことがポイントです(笑)

 

《小川いくよ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/bsihealing/?c=92868