スピリチュアルな人間関係や師弟関係に疲れた時~それはあなたが完璧であることを思い出す機会

スピリチュアルや補完療法、自然療法を通した出会い

スピリチュアルや補完療法、自然療法に興味を持つきっかけは人それぞれだと思います。

なかには、親や家系の影響で生まれた時からスピリチュアルや各種補完療法、自然療法が身近にあったという人もいるかも知れません。
環境問題や地球の未来への関心から興味を持ったという人もいるでしょう。

しかし多くの方は人生で何かしら葛藤があったり、病気があったり、体調不良、挫折や苦しい出来事を体験し、興味を持たれるのではないかと思います。

生まれた時から身近だったという人は、こうした世界をかなり冷静に見ている事が多いと思いますが、環境問題や人生上の葛藤やつまずきから関心を抱いた人は、良くも悪くも理想が高く、自分の人生においても「もっと幸せになりたい」という思いを強く抱いている事があります。

そうしたなかで出会ったスピリチュアルや補完療法、自然療法の先生や人々は、とても立派に見え、まさにマスター(師)のように感じられ、充実しキラキラと輝いているように見えるかも知れません。

 

理想と現実のギャップに傷つく体験

しかし実際のところ、こうした先生達や先輩もあなたと同じ一人の人間に過ぎません。
長所も短所も持つ、あなたと同じ不完全な人間なのです。

また、理想や希望を抱いてこうした業界に関わっても、そこにある人間関係は、あなたがこれまで学校や会社や地域社会で体験してきたことと同じような事が繰り返されることも多いです。
権力闘争や支配、様々なハラスメントもあるかも知れません。

最初は素晴らしい人物、素晴らしい団体や業界だと思って関わっていたけれど、実態や実情が見えてくるにつれ、失望し、理想はどこにもなかったと怒りの感情すら覚えることもあります。
深刻なアイデンティティの危機に陥る人もいるかも知れません。

このような時、どうすればいいのでしょうか。

 

等身大の理想を描き、許す、そして離れてもいい。

こういう経験をした後、業界から完全に離れてしまう人もいます。

勿論、その選択もありでしょう。

しかしあなたが失望したのは業界や団体や特定の人間に対してであって、スピリチュアルや補完療法や自然療法の真髄に対してではないと感じるなら、もう一度自分自身に向き合い、あなたらしい関わり方をみつけていく最善の機会が訪れたのだと私は思います。

あなたは業界の何かや誰かに怒りや失望を感じているかも知れません。
しかし本当は、自分自身に一番失望し、怒りを感じているのです。
まずは、自分を許しましょう。
あなたは不完全な自分を変えてくれる完全な何かを外の世界に求めていたのかも知れません。

しかし、それは外の世界には存在しないのです。
不完全な今の自分でも完全なのだとあなた自身が深く納得し、自分を受け入れることで、自己評価が高まり極端な理想を外の世界に求めることはなくなっていくでしょう。

そしてどんなに素晴らしい人や魅力的な人、尊敬に値すると感じた人や団体であっても、あなたは嫌いだという感情を持っていいし、失望していいし、離れてもいいのです。
そして完璧なものはないと受け入れ、すべてを許しましょう。

あなたは経験を通して強くなったのです。
これからはより自分らしい関わり方でスピリチュアルや補完療法、自然療法と関わることができるようになっていくでしょう。

 

ホームページBlossom
https://www.blossomcareroom.com

 

《中村 恵子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/healingbeauty/?c=159999