■味の効用part.15~6つの味とドーシャの関係(ピッタ編その1)~ インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』vol.131

さて今回は、それぞれの6つの味がピッタドーシャへ与える影響について、お伝えしたいと思います。

 

◆ピッタと6つの味

「火」+「水」の二要素から構成されているピッタドーシャは主に、熱い、軽い、鋭敏(シャープ)、油性、液体、広がり、繊細といった質があります。

こうした質を持つピッタは、「甘味」「苦味」「渋味(収斂性の味)」でバランスが取れ、また「辛味」「酸味」「塩味」で悪化すると考えられています。

各味が具体的にどのようにピッタに影響するのか。
以下に、より詳しく説明しています。

 

★《甘味》→バランスをとる

甘味は、ヴァータと同様にピッタのバランスもとれる味です。
その理由は、

・甘味がもつ「冷却」「重い」「柔らかい」「落ち着かせる」「滋養を与える」質は、ピッタをなだめ、体に持続的な冷却と抗炎症効果をもたらし、ピッタ特有の過剰な熱と炎症を相殺します。

・過剰な喉の渇きと灼熱感を和らげます。

・ピッタの居場所となっている器官、肌の状態と艶具合そして色、毛髪などの状態を元気回復させ、蘇らせます。

・体内の下向きに動くエネルギーを活性化し、ピッタの軽さを地に落ち着かせます。

・ピッタ特有の激烈で鋭く狭い焦点に絞りがちなマインドを柔らげます。

 

★《苦味》→バランスをとる

苦味がピッタのバランスをとる理由は、

・「空間」+「空気」要素から成り立つ苦味は「とても冷たく乾燥した質」があり、この質がピッタの熱や炎症を減らし、喉の渇きを和らげます。

・身体組織を乾燥させる効果が、ピッタの過剰油分を相殺します。

・ピッタの居場所である重要な器官・血液や肝臓を清めて浄化します。

・火傷、かゆみなどのピッタアンバランスからくる皮膚トラブルを緩和します。

 

★《渋味/収斂性の味》→バランスをとる

(渋味はピッタを癒す最高の味)

渋味がピッタのバランスをとる理由は、

・「空気」+「地」要素から成り立つ渋味は「乾燥」「冷却」「重い」質があり、これらの質はピッタを和らげるためのすべての質を兼ねそろえています。

・渋味は水分と油分を吸収するため、過剰なピッタを乾燥させ、発汗や液体の分泌を和らげ、出血関連の不調の治癒を促進します。

・結腸に特異的な親和性があるため、下痢などの場合に便を結合させて抑え、早く進み過ぎる傾向のあるピッタの消化プロセスを調整する効果があります。

・ピッタ特有の熱く鋭い質がもたらす血管拡張(これによって偏頭痛のような症状が引き起こされるといわれています)の血管収縮剤となり、ピッタアンバランスによる不快感をなだめます。

・ピッタの軽やかかつ鋭すぎるマインドを和らげ、安定感を促進させます。