耳鳴りのスピリチュアルな意味とは?~耳鳴りは地球からSOSを伝えている!~

耳鳴りで悩んでいませんか? 今年の梅雨は耳鳴りが気になる方が急増中! それは地球からのSOSと共存へのメッセージ!
耳鳴り

耳鳴りと気象には関係アリ! 天気予報であなたの体調も予測できる時代へ向う!

スピリチュアルカウンセラーでライターのあるぢこと有地正敬です。

今年の梅雨は耳鳴りでお悩みの方が急増しています。

あなたはいかがでしょうか。
なぜ、梅雨に耳鳴りが起こるのでしょうか。

今回は梅雨と耳鳴りについてお届けします。

近年の研究で、耳の内耳にある前庭(ゼンテイ)器官といわれる部位には、気圧を感知する能力があると発見されました。
気圧の変化は自律神経に大きな影響があり体調不良の原因になると考えられています。

気象の変化によって生じる症状には、耳鳴りの他、頭痛、食欲不振、気分の落ち込み、鬱、めまい、メニエール病、喘息、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、吐き気など様々で、心臓発作や脳卒中をおこす場合もあるそうです。

特にドイツはこの分野の最先端にあります。
天気の変化で起こる上記の病気を予防するための情報が天気予報と共に新聞やテレビ、ラジオなどで提供されます。
事前に予期できれば対処できるので好評だそうです。今では、他のヨーロッパの国々やアメリカでも一般的になっています。

実は日本でも、日本の気象と日本人の特徴に合った健康天気予報が早期に導入されるよう研究されています。
天気予報であなたの体調も予測できる時代へと向かっています。

 

梅雨の耳鳴りも気象病! なぜ梅雨に耳鳴りなのか? それは地球からの温暖化のSOSと思いきや……。

耳鳴り

梅雨の耳鳴りは気圧が高くなったり低くなったりすると耳のセンサーが反応します。
梅雨は気圧の高低が繰り返し起こります。
すると、耳のセンサーが大きく反応してしまいこれが自律神経に負担をかけて耳鳴りを起こしてしまうようです。

なぜ耳鳴りなのでしょうか? その理由をスピリチュアルな面からも迫ってみました。
筆者独自の方法でリーディングしました。そもそも人間は天と地の気と調和して生きるスピリチュアルな生物です。
中国の伝統医学の中医学では「人は天の気から生まれた」とあります。なので、気象に影響されるのが人の常です。

気象や天気の気は地球の気の状態を表します。大きく気圧が変化するのは地球の気が乱れていると言えます。
その乱れを耳で受け取ると、耳鳴りとなります。梅雨に耳鳴りになる人が毎年増えて、しかも、ひどくなる一方だということは、地球の気の乱れが年々大きくなっているということです。
地球の気の乱れが大きくなっているということは、地球からSOSを訴えていると言っていいでしょう。

では、地球からのSOSは何か? それは近年の温暖化が地球には暑すぎるのでしょう。
でも、ただ暑いと訴えているわけではなさそうです。
もう少し地球を冷やす必要が迫っていて、地球自体がこれから寒冷化する準備をしているから、人間も寒冷化に備えてねって言っているようです。
そのタイミングは近づいているようです。
地球は今まで温暖と寒冷を繰り返してきました。暑くなったら冷すのは天と地の理ですからそうなるしかないのでしょう。

 

耳鳴りにはもう1つのスピリチュアルな意味がある! それは過去世のチャンネルがつながり、地球と共存への道が開く!

耳鳴り

耳鳴りは地球からのSOSだけではなく、過去世からの声を届けてくれるチャンネルが繋がったことをも意味します。スピリチュアルな世界には時空を超える感覚があります。

それは「音」と「匂い」そして「ヴィジョン」です。
特に音と匂いには敏感で誰でも音や匂いで過去や未来と繋がります。

中でも音には敏感です。耳鳴りのもう1つのスピリチュアルな意味は過去世とのチャンネルが繋がり過去世からの声や音が聞こえるようになることです。

時々、誰もいない所で自分に似た声がしたなら、それはあなたの過去世からの声です。
あなたの声だけでなく過去世から様々な音も聞こえる事があります。
恐竜の鳴き声も聞こえる場合もあります。

本題です。
人間は永年地球で生きてきました。人間は何度も地球の温暖化や寒冷化を乗り越えてきました。その時の経験は智慧となって私たちの過去世が教えてくれます。
その智慧を聞けるようになったことのお知らせが梅雨の耳鳴りです。

これから数多くの智慧を頂くことになるでしょう。
それは地球とこれからも共存するための智慧です。その智慧を使う時がやってきます。

すると、ず~っとこれからも地球と共存できるのです。

 

筆者紹介:あるぢ(有地 正敬)
ライターの他、電話やZoomを使って魂の目的、魂の名前、魂の色、前世などスピチュアルな鑑定をしています!

 

あるぢのセミナー動画配信情報!
https://ameblo.jp/arudiya-healingroom/entry-11934966003.html

あるぢのサロン、ひぃりんぐ処あるぢや公式サイト
http://arudiya.com

 

《あるぢ/有地正敬 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/arudiya/?c=93242