梅雨は過去世のデジャブ体験ができるかも! 運命の出会いのチャンス! 雨と傘には秘められた力があります!~教えてカロノさん! 愛のメッセージ20~

梅雨のお出かけこそ、運命の出会いのチャンスです! 梅雨前線からのエネルギーで過去世の記憶が鮮明に蘇りデジャヴ体験ができるかも!!

梅雨はあなたの運命を大きく好転させるチャンスです!

感謝しております!
いかがお過ごしでしょうか。
大阪市のスピリチュアルサロンひぃりんぐ処あるぢやの代表有地正敬こと、あるぢです。
さ~梅雨の時期がやってまいりました。

梅雨はちょうど1年の折り返しの時期でもあります。
今まで何の変化も期待できなかったけど、梅雨はあなたに素敵なチャンスをプレゼントしてくれますよ。
そのチャンスとは運命の出会いです。

梅雨に運命の出会いをするには、ある条件とアイテムが必要であるとあるぢの魂であるカロノさん言っています。
その条件とアイテムとは
「雨」と「傘」です!

傘の色はもちろん魂の色でコーディネートしていたただきたいものです。
なぜ、魂の色の傘を持つのがいいのでしょうか。
その理由は、「あなたは魂の色を知っていますか?」の記事であるぢが紹介しています。

ところで、「カロノさんて誰ですか?」と思っていらっしゃいませんか?
カロノさんとはあるぢの魂です。
魂には名前がついているんですよ。
あなたの魂にも素敵な名前がありますよ。
カロノさんについてこちらのページの中段で紹介しています。
カロノさんをよろしくお願いいたします。

 

「雨」と「傘」に秘められた力で、あなたの運命の人を引き寄せる!!

梅雨

カロノさんによると、お出かけするなら、雨の日が最高といっています。
というのは、雨は全てを浄化するスピリチュアルな役割があります。
雨の日のお出かけは、あなたを浄化してくれます。
そして、雨で浄化されたあなたはキラキラ輝きますよ~。
なので、運命の出会いの条件には雨の日がいいんです~!!

このことは、あるぢの記事「スピリチュアルな雨の意味とは?」で詳しく紹介しています。

さて、次に傘です。
もう傘にはスピリチュアルな力が山ほどありま~す!

いつか傘のスピリチュアルな力の全貌を届けしたいと思っています。
今回は、傘に秘められたスピリチュアルな力の一部を紹介します。
相合傘(あいあいがさ)ってみなさんご存知ですよね。
そうです。
2人で1つの傘を使うアレです~。

女性から「一緒に入りませんか?」傘を差し出して、男性に声を掛けると男性はいちころです~。男性は乗り気で女性と相合傘します。
相合傘のあの空間に2人でいると、互いの魂の鼓動が共鳴します。

このことで、素晴らしいスピリチュアルな空間が傘の下に誕生します。
すると、2人の魂から発するエネルギーが激しく交流しますよ~。

傘の色が魂の色なら抜群の効果を発揮するかも!!
出会いとは距離感を縮めることです。
これほど、出会いを運命的なものしてくれるアイテムはありません。
傘を開いたその中には、あなたと彼だけの特別でスピリチュアルな世界が広がります。

その場をなんとかしようと、明るく振る舞って喋ろうとするより、傘に響く雨音を聞きながら、あえて言葉少なげに傘の中の緊密な雰囲気を味わう方が吉かも……とカロノさんは言っています。
この梅雨、相合傘にチャレンジです。

 

梅雨は過去世のデジャヴ体験できる季節です! 今世で過去世の出来事が再現されるかも!!

梅雨

梅雨は梅雨前線がもたらす気象現象で、じめじめとした長雨が続きます。
梅雨にはもう一つの面があります。
それは過去世の出来事か今世で再現されてしまう不思議な世界を作ります。

高気圧と低気圧の谷間に梅雨前線が発生します。
高気圧は陽の気に溢れ、低気圧は陰の気に溢れます。
梅雨前線がかかっている場所は、陰陽の気が激しく混じり合って、強いエネルギーが発生します。

このことが魂に影響し、過去世の記憶が鮮明に蘇ります。
すると、今世において、過去世でご縁のあった人物がふと分かってしまう現象が起こります。
これが梅雨の特徴であるとカロノさんは言っています。

上記のように、あなたが相合傘している彼は、過去世でも相合傘していたのです。
彼とはすでに過去世で出会っていたのです。
過去世のご縁が今世で甦るのが梅雨です。

だから、梅雨でジメジメしているから、お出かけを控えるなんてもったいないですよ~。
と、あるぢの魂であるカロノさんは言っています。

次回をお楽しみに!

 

あなたの魂の目的、魂の名前、魂の色、前世をスピリチュアルカウンセリングで鑑定しています! byあるぢ

 

セミナー開催情報!
https://ameblo.jp/arudiya-healingroom/entry-11934966003.html

ひぃりんぐ処あるぢや公式サイト
http://arudiya.com

 

《あるぢ/有地正敬 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/arudiya/?c=93242