スピリチュアルな令和の意味とは?~令和に秘められた不思議な力とは?~教えてカロノさん! 愛のスピリチュアルメッセージ17~

なんと! 漢字にはスピリチュアルな力がありました! 新元号「令和」に秘められた不思議な謎の力を解きます!
令和

新元号「令和」が世界を平和へ導くかも!

感謝しております!
いかがお過ごしでしょうか。
ご無沙汰しておりました。
大阪市のスピリチュアルサロンひぃりんぐ処あるぢやの代表あるぢです。

いよいよ、新元号「令和」がスタートしましたね!
あるぢは、5月1日に改元されてから、世の中の空気感が大きく変わったのを感じましたよ。
新時代の到来を肌で感じられることができました。
皆様はいかが感じられたでしょうか。

さて、今回は新元号「令和」のスピリチュアルな意味を紹介いたします。
令和を声に出して読むと、その響きには過去世の記憶を思い出させるような神秘性を感じます。
そして、令和の文字をじっくり眺めていると、サードアイを大きく開かせるような強い波動が伝わってきます。
ますます令和はとてもスピリチュアルで不思議な文字に見えてきます。
なので、あるぢは令和についてスピリチュアルな意味を調べてみたくなりました。
詳しく調べてみると、令和にはとても不思議な力があったのです。

ところで、「カロノさん? あるぢの魂? はぁ~?」と思っていらっしゃいませんか?
カロノさんについてこちらのページの中段で紹介しております。
カロノさんをよろしくお願いいたします。

 

令和の文字に秘められた不思議な力とは? 漢字はスピリチュアルな力で作られた!?

令和

そもそも漢字は、中国の古代王朝「殷」で作られた甲骨文字が源流です。
甲骨文字は、その年の吉凶を占う際に、主に王様が神様と交信するために使われました。
神様にお伺いをたてたり、何かを訴えたりするときに使われたそうです。

では、令和の漢字の成り立ちを見てみましょう。
令和の令の成り立ちは、神のお告げをひざまづいて静かに聴いている人(王様、または、巫女)を意味するものです。
令和の和は、軍門にて平和を心に決め神と約束する意味を表したものです。
この成り立ちから転じて、令はおそれ、いましめ、めでたい等の意味になり、和はなごむ、平和などに意味になりました。

現在、漢字の成り立ちは漢字博士の白川静先生の説が日本では主流になっています。
漢字の本場である中国でも白川先生の説がとても注目されています。
今回、白川先生の説を参考に令和の漢字の成り立ちを紹介しました。

白川先生によると、漢字にはスピリチュアルな力があってこれを呪能(じゅのう)と呼んでいます。
「呪能によって漢字が作られた」というのが白川先生の漢字研究の大黒柱です。
つまり、とある状態を観察して漢字が作られたのではなく、とある強い思いを実行するのに文字で表したのが漢字の成り立ちだそうです。
つまり、古代人の念が形になったのが漢字と言うわけです。

 

スピリチュアルな令和の意味とは!?~神と人が融合するかも!~

令和

上記のように、あるぢが令和の文字を見て感じたものの正体は呪能です。
漢字の呪能というスピリチュアルな力が漢字の意味のとおり私達を行動させるかもしれません。
令和の呪能を感じ取ったあるぢの魂であるカロノさんに令和のスピリチュアルな意味を聞いてみました。

スピリチュアルな令和の意味とは?
カロノさんによると表の意味と、その奥に深い意味がある2重の意味があるそうです。

まず表の意味は、
「あらゆる物や人の声を神のお告げだと思って静かに聴き、それらを参考に世界が平和になるよう神と約束すること」
です!!

奥の深い意味とは、
「天上界から降臨が続き、人々や物々は神的な存在に近くなる時代になる。令は天上界や神を意味し、和とは天上界と地上界が1つになることを意味するよ。」
「令和では、地上界にある全ての物が天世界にいる神々との融合をめざすよ!」

と言っていました。
いよいよそんな時代がやってきましたか! って感じでございます。

さて、平成が終わり、令和になって、令和の漢字の成り立ちを調べていくうちに、漢字にもスピリチュアルな力である呪能があることを私達は知ったのです。
このことは、令和には皆様の魂の力が開花することを意味しているのではないでしょうか。

まさに、21世紀は魂の時代を示す改元になりましたね。
カロノさんの言っていることが本当に起りそうですね。
漢字の呪能に興味を持たれると幸いです。

あなたの魂の目的、魂の名前、魂の色、前世をスピリチュアルカウンセリングで鑑定しています! byあるぢ

 

セミナー開催情報!
https://ameblo.jp/arudiya-healingroom/entry-11934966003.html

ひぃりんぐ処あるぢや公式サイト
http://arudiya.com

 

《あるぢ/有地正敬 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/arudiya/?c=93242