地震・台風災害と「イヤシロチ化」の関係〜ジオパシックストレスとケガレチ

各地で地震や台風により被災された皆様に、謹んでお見舞いを申し上げます。
今現在、苦しんでいる方も多く、一刻も早い復旧が待たれます。

地震や台風、火山活動が活発な日本においては、直接的災害に加え地下断層、地下水脈は常に変動を繰り返し人体に悪影響を及ぼすことがあります。
そのことを地球病理的ストレス、ジオパシックストレスと言っています。

 

ジオパシックストレスとケガレチ

ジオパシックストレスのある場所では人は頭痛や不眠を訴え、免疫力が弱まり、ガンなど病気に罹りやすいという研究結果が海外では多く報告されています。

日本では1948年から全国の17000か所をめぐって土地の調査が行われました。責任者であった楢崎氏は調査の結果を三種類の土地に分類し、その割合を発表しました。

1. 優勢育成地帯:イヤシロチ(い社地)約15%
2. 劣勢生育地帯:ケガレチ(気枯れ地)約30%
3. 標準生育地帯:約55%

なんと、植物や動物など生命が勢い良く育つ土地は70年前の当時でたったの15%。現在では6%程度だともいわれています。

ケガレチの特徴

・ケガレ地に居住している家には、必ず病人がいる
・養鶏所は、産卵率が悪く病気の鶏も多い
・牛舎、豚舎では、牛の乳量は少なく、豚の肥育は不良、病気のものが多く健康度は不良
・道路は、強固に舗装されていても常に破損しやすい場所として、何回も補修工事が行われている。※該当する15カ所を継続して観察した結果
・交通事故の多発する「魔の踏切」とか「魔の場所」と言われているところは、例外なくケガレチである。※該当する24カ所を継続して調べた結果
・工場は不良品が多く、従業員の病欠が他よりも多い

など、ケガレチとはジオパシックストレスと言われる症状にとても近い状態を示しています。

このような結果を目にするとケガレチには住みたくないと思うのは当たり前ですね。

でも、もしも自分の家がケガレチだったとしたらどうしましょうか。
地下水脈が交差していたり、断層が重なっている谷、もともとは沼だったりするような土地はケガレチであることが多いと言われています。
と言って引っ越しなんてそうそうできるものではないですよね。

しかし安心してください。
ケガレチをイヤシロチに変える方法も楢崎氏は研究されていました。

 

炭素埋設法によってイヤシロチ化する

炭素とはつまり「炭」のことです。炭を地中1~2mのところに炭を埋める方法です。それにより電子があつまりイヤシロチ化されるというものです。船井幸雄氏が著した『イヤシロチ』を読んだ時、筆者も「炭埋したい」と真剣に思ったものです。そのころから地相に関して深くかかわるようになり後に地相鑑定士にもなった筆者ですが。

しかし、それぐらいの情熱を持っていたとしても地面を1mも掘るというのはなかなか大変なことです。そこに埋設するためのたくさんの炭も必要になります。
また、マンション住まいの場合はどうしたらイヤシロチにできるのでしょうか。それは大きな問題でした。

コンパクト化されているイヤシロチ化の手法

楢崎氏の調査が発端となり、日本の国土荒廃を憂えた研究者たちがイヤシロチ化に乗り出しました。
実際に炭埋を施し農地改良を行ううちに地震などの地殻変動が置きやすい日本では、炭埋が意味をなさなくなることも多いということがわかってきました。
ですからイヤシロチ化の製品に次のような条件を満たしていることが望まれます。

断層がズレても土地改良の効力が消えないこと。
大量の炭を使わなくてもよいこと。
深く穴を掘るなどの重労働を回避できること。

現在では手のひらサイズで置くだけという、設置が容易なイヤシロチ化が実現しています。

外国発のイヤシロチ化の手法

また、外国発祥のジオパシックストレスを中和する方法は特に炭にこだわるわけではなく、土地により金属であったり、水晶のような石がイヤシロチ化の手段になっています。手法がそれぞれ異なるのですね。昔の神社建築では、柱の下に水晶が埋められることもあったそうですから、相通ずるところはあります。

 

お部屋をイヤシロチにする効果

楢崎氏は、次のような調査の結果を発表しています。

・イヤシロチに居住する人は健康で病気がない
・養鶏所は、産卵率高く、病気の鶏がいない
・牛舎・豚舎の肥料の腐敗が少なく、動物の健康も良好
・神社の位置と建物について調べた18か所すべてイヤシロチであった

イヤシロチ化の製品は半永久的であり、影響する範囲は自宅だけではなく周囲の環境に良い効果が循環する物理的性質を持っています。
つまり、自分のお部屋にひとつイヤシロチ化上下左右の隣人にも良い影響を及ぼすことになります。

土地やお部屋をイヤシロチ化すると、自分が気持ちいいだけでなく、ケガレチとなっている日本の大地を救う一手にもなるのですね。

 

《Takako さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/isonomiya/?c=146261