ホリスティック健康相談的インフルエンザ治療ケア

我々自然界に生まれた人間として、不自然にならないインフルエンザの治療ケアが求められます。 ホリスティック医療の考え方に基づき、自然治癒力にそった治療ケア方法をご紹介します。
ホリスティック健康相談的インフルエンザ治療ケア

インフルエンザ予防についての前回の記事では「病気は身体にたまった不要なものを大掃除するためになる」と書きました。

つまり病気は自然な働きの一つなのですが、だからと言ってそのままでは辛いですよね。

今回は自然界の一部である人間として不自然にならないインフルエンザの治療ケアについてお伝えいたします。

 

治癒の方向性と東西の医学

身体に入り込んだ不要なものを排泄させるために、自然治癒力が働いて咳、鼻水、下痢、嘔吐、発熱などの症状が出るのであれば、その症状を止めると身体のなかに不要なものが残ったままになります。

治療ケア方法を選ぶときは自然治癒力の働きを妨げない治癒の方向性が同じ
ものを選ぶ
ようお勧めします。

治療方法として一般的な西洋医学は基本的に出た症状を「止める・抑える」と言う、自然治癒力とは反対の方向性を持つ治療法です。
それが必要になる場合もありますが、日常的には自然治癒力を抑制せず、排泄を助ける治療法を選んだ方が病後の健康回復を期待できます。

最近ではインフルエンザ治療薬の副作用を重く見て、処方を控え、代わりに漢方エキス製剤を使われる医師も多いようです。
もし、西洋医学を日常的な医療方法として選ばれるなら、そのように西洋医学の問題点を素直に認め、代わりになる方法を学ぶ姿勢を持った医師を選ばれる事をお勧めします。

 

東洋医学には「自然治癒力にそった働きもする」「抑制する働きもする」という柔軟性があります。
哲学や易学など膨大な知識を必要とする医療方法なので、西洋医学を学んだだけの医師には扱いきれないものです。

漢方エキス製剤は従来の漢方薬より有効成分が少ないそうですが、手軽に利用できるので近年では利用する医師も増えましたが、症状や体質に合わないものを使うとかえって体調を悪くする場合もあります。
医師から処方されたものでも、出来れば漢方薬の専門家にもご相談されることをお勧めします。

281154995

 

その他の治療ケア方法

・ホメオパシー
私は過敏な体質=HSPの為に西洋医学薬だけではなく、漢方薬でも副作用が強く出るため、副作用の無いホメオパシーを日頃から利用しています。

ホメオパシーは自然治癒力と同じ方向性なので、治癒が早くなり、使うごとに自然治癒力も高めます。

ですが、治癒の方向性が自然治癒力と同じが故に、好転反応(自然治癒力が正常に働き症状を出せるようになり、一見悪化したように見える事)が強く出過ぎてしまう場合もあります。
それは身体に不要なものが大量にたまっているか、排泄力が弱く、すばやく排泄できないために症状が出たり、長引いたりするのです。

私の体験ではホメオパシーだけでインフルエンザの治療をした時はほとんど熱を出したことの無い私が、40度の高熱が出ても気分がよく、身体が軽くなり、「これが治ったら、私、絶対健康になる!」と感じました。実際インフルエンザ自体は2日で治り、治癒後はそれ以前よりも健康状態が良くなりました。

高熱後の体の痛みにもレメディが活躍してくれました。
ホメオパシーは適切なレメディさえ使うことが出来れば効果が高く、人間の生理機能にあう治療ケア方法だと実感しています。

但し、ホメオパシーは西洋医学とは全く違う考え方をする、ある程度ご自分で学ぶ必要がある治療ケア方法です。
「今」具合の悪い方がおいそれと手を出すのには向いていませんので、日頃からホメオパシーの本を読むなどして準備しておかれることをお勧めします。
(わたもりHP「私の中の森」→「ホリスティック医療ガイド/ホメオパシー」参照