陰陽五行説は宇宙の法則からできている! 今日からすぐにできるハッピーライフの秘訣!

五行説

五行説は、自然界に存在するすべてのものを木・火・土・金・水の五つに分類する考え方です。この五つの要素は、互いに影響し合い、循環することで万物を成り立たせるとされます。また、陰陽説は、万物を天と地、光と影、男性と女性のように二つに分ける考え方です。この二つの考えを組み合わせたものが陰陽五行説であり、自然界の森羅万象や宇宙の法則を体系化したものです。

■五行の基本的な考え方

五行は、木・火・土・金・水の五つの要素がそれぞれ独自の特性をもち、おたがいに影響し合います。これには、相生(助け合う関係)相剋(打ち消す関係)という二つの関係があります。相生は、木が火を生じ、火が土を生じ、土が金を生じ、金が水を生じ、水が木を生じるという循環です。相剋は、木が土を剋し、土が水を剋し、水が火を剋し、火が金を剋し、金が木を剋すという抑制です。

これをふまえて、知っていたら得する五行説をまとめましたので、心と体のメンテナンスに活用していきましょう。

五行説

■五つの道徳 — 五常

五行説には、五常という五つの道徳があります。五常は人間が常に守るべき道をあらわしており、それぞれの徳は以下のように五行と結びつけられます。

木 — 仁:人間力を高める徳を積む

火-礼:祖先や親に感謝する

土-信:人を信じて知人友人を大切にする

金-義:義務や決まりを守る

水-智:学業の向上

簡単に言うと、人間は以下のルールを守りましょうということです。

人を慈しみゆとりのある心をもつこと

人を敬うあいさつや態度をしめすこと

人を信じ誠実につきあうこと

人として道理にかなって生きること

人であるために物事を判断する知恵をつけること

七夕で使う五色の短冊も五行説から由来していて、五常に基づいています。

■福・寿・禄・官・印-五徳

五行説には五徳もあります。五徳は五行と次のように結びつけられます。

木-福:幸せ・幸福

火-寿:寿命・健康

土-禄:財・食

金-官:名誉・名声

水-印:知恵・知識

これを簡単に説明すると、以下のようになります。

幸せになりたい人は、自分がなにを求めているかを知りましょう

健康になりたい人は、心が安らぐときを過ごしましょう

財を得たい人は、身体を労わりましょう

出世したい人は、経験や投資を進んでしましょう

知恵が欲しい人は、得た知識を活用しましょう

とくに「福禄寿」は、幸福で財に恵まれて健康で長生きすることが人生にとって最高であるという意味をもっています。七福神めぐりをしたことがある人は、七福神のなかに「福禄寿」という名前の神様がいることを知っているかもしれません。

五行説

■五臓の好みを知って体調を整えよう

五行説でいう五臓それぞれ五行に対応しています。

木:肝臓

火:心臓

土:脾臓

金:肺臓

水:腎臓

これらの臓器には不調を防ぐために好むものがあります。

肝臓は睡眠中に働くため、睡眠が大好きです。しっかりとした休息をとることで、肝臓の働きを助けることができます。夜更かしを避け、規則正しい生活を心がけましょう。

心臓は塩分や糖分の濃い味つけを控え、薄味を好みます。心臓の健康を守るためには、バランスの取れた食事が大切です。適度な運動も心臓を強く保つ鍵です。

脾臓は湿気で弱るため、乾燥を好みます。湿度の高い環境を避けることが脾臓の健康を保つポイントです。食生活では、湿気を取り除く作用のある食材(例えば、ハトムギや冬瓜)を積極的に取り入れましょう。

肺臓は空気が乾燥すると風邪をひきやすいため、湿潤を好みます。乾燥した季節には加湿器を使い、肺を潤すことが重要です。また、温かい飲み物や滋養強壮作用のある食材(例えば、ナツメや杏仁)を取り入れて、肺の健康を守りましょう。

腎臓は寒いときに腰を温めるとよく、温暖を好みます。冷えから腎臓を守るために、腹巻や温かい服装で腰を冷やさないようにしましょう。夏場の暑すぎるのも腎臓にストレスを与えます。過度な冷房には注意が必要です。

普段からこれらに気をつけることが重要ですが、仕事や生活で忘れがちです。季節の変わり目こそ、これらの対策をしてみてはいかがでしょうか。改めて考えさせられる五行説の知恵を取り入れ、健康と幸福を目指しましょう。

■五行説の現代的な役割

五行説は、いまでもさまざまな分野で役立っています。たとえば、中医学では、五行説を使って体のバランスを整え、病気の予防や治療を行っています。また、風水では、五行説を使って住まいの環境を整え、快適な生活を目指しています。さらに、ビジネスや人間関係の改善にも五行説の考え方が使われています。

五行説は、古代の思想にとどまらず、現代でも役立つ知恵を提供してくれます。自然と調和しながら、自分自身やまわりの人たちとのバランスを保つために、ぜひ五行説の知恵を日常生活に取り入れてみてください。



友李奈(ゆりな)さんの記事一覧はコチラ》