前世の恋人は今世も恋人? — 前世で縁あった人との付き合い方〜前世からの縁で大事なこと

スピリチュアルな物事は、この世界に、確かにあるものなのですから。
前世

前世で恋人や夫・妻だった人とは今世も恋愛や結婚をしなければいけないのでしょうか?
辛くても乗り越えて添い遂げなければならず、スピリチュアルな導きには従わなければいけないのでしょうか?

今回は前世で縁があった人との今世の関係性について書きます。

 

前世の恋人は今世も恋人?

「この方とは前世で恋人(夫・妻・愛人)でした」と、スピリチュアルヒーラーさん等(以下「スピ系の人」)に言われた事がある方は、実はとても多く、また、ご自身に霊的な力があり、前世でのご縁を思い出す方も割とよくいらっしゃいます。

「前世で結婚の約束をしたけど出来なかったから、今世は何としても結婚したい」
「前世は愛人だったけれど、今回は立場が逆になり、自分が本妻で相手が愛人に……」
「前世からの縁だからどうしても好きになっちゃうんです!」

中には、お相手の方から酷い扱いを受けていても、
「前世から縁のある人だから添い遂げて幸せになるのが魂の課題」
と、中途半端なスピリチュアルの知識で思い込んでいる方もいらっしゃいます。

また、スピ系の人から「添い遂げるために必要」と、お守りやヒーリング等を勧められて、かなりカモられている方も多いのです。

これ、おかしいと思いませんか?

前世

 

前世で縁があった人は沢山います

前世でご縁のあった方とは、転生しても出会う確率が高く、その度に役割やシチュエーションを変え、様々な関係性としてご一緒することになります。
それは魂のグループの様なもので、例えるなら「同じ劇団のメンバー」のようなもの。

それぞれの魂の課題を決め、自分の魂を成長させるための役割を決め、互いに学び合います。
だから前世でご一緒した方が、今世も一緒になる事は多く、配偶者や恋人の場合もありますが、それは特別な事ではありません。
現世での出会いで懐かしく感じたとしても、魂レベルでは知り合いだから当たり前であり、必要があればそのグループを離れ、他へ移る事もあります。

そこに、おおよその筋書きはあっても、絶対にこうしなきゃいけないという決まりは無く、その都度、自分で考え、自分で選び、自分でその選択の結果を引き受ける覚悟が必要です。

前世

 

前世からの縁で大事なこと

それは、現世の相手の気持ちをよく見て、よく考えることです。

「前世では私が本妻だったんだから!」
「来世は一緒になろうって言ったじゃない!」
と、スピ系の人に言われた事を鵜呑みにして関係を迫る方は結構多いようですが、何か大事なことを忘れていないでしょうか?

それは、気持ちや愛情って、強制するものでは無いという事。
そして、初めから決まっている訳では無いし、相手の気持ちを尊重するのが大事だという事。

例え、その根拠がスピリチュアルな前世からの縁、だとしても。

凄く当たり前の事だと思うのですが。
「スピリチュアル」ってジャンルになると、何でもありって訳じゃないのです。
現実的に考えましょう。

それはまた、自分の気持ちもよく見る必要があるという事です。
運命の相手なら尚更、真剣に相手を見つめ、自分の気持ちも見つめましょう。
「自分がその人と恋愛関係を結びたいのは、前世で縁があったから?
それとも、今、純粋にただ好きだから?」

「好き」とか「愛している」って、何かの理屈がくっついている感情なのでしょうか?
気持ちに形は無いし、証明も出来ないけれど、確かにあるものでは無いでしょうか?

それって、スピリチュアルな物事と一緒ではありませんか?

その理由を「スピリチュアル」や、他の人や何かのせいにして、自分の気持ちの言い訳にするのはおかしいと思うのです。
最近の歌でも自分の恋心を「〇〇のせいだ」とするものが多く、なんだかな~と思います。

何の理由も無く、ただ「好きだ」で良いじゃないですか。
そして、どんな答えでも、相手の気持ちも尊重しましょう。

愛情は、何かの理屈をくっつけて強制して得るものでは無いと私は思います。

たまにスピ系の人から前世からの縁を餌に身体の関係を強制され、食い物にされている方、男女問わず結構いらっしゃいますが、それって、おかしい事なのです。

以前も書かせていただきましたが、スピリチュアルを都合よく言い訳に使うと、スピリチュアルの世界の者たちから嫌われます。
スピリチュアルな物事は、この世界に、確かにあるものなのですから。

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380