不安なく安心して生きる方法 — 不安感の癒しは逆効果? 〜 まずは現実的な不安要素を減らす〜

不安や生きにくさの原因を振り返って癒そうとする人が多いのですが、私はこれ、逆効果だと思います。
不安感

「安心して生きられるようになるにはどうしたらいいでしょうか?」

身体・心・魂=生まれつきの性質、霊的問題や家系等、あらゆることを幅広くお伺いする私・わたもりの元には色々なご相談が寄せられますが、それぞれの状況が何であれ、多くの方からこう質問されます。

今回は不安なく安心して生きる方法についてお伝えいたします。

 

まずは現実的な不安要素を減らす

物事は成るように成ります。
だから、周囲にも、ご本人にも、不安になる要素があれば、不安になって当たり前です。

周囲の要素

・家族、恋人など、自分を不安にさせる人と一緒にいる
・ハラスメントや差別など酷い扱いを受ける職場や学校等
・ネガティブな言葉ばかり聞く環境
・悪い空気、騒音、電磁波、気の悪い土地など良くない場所
・家族や同僚等の仲が悪い
・汚部屋、ごみ屋敷の様な汚い環境

本人の要素

・働いていないので収入が無い
・健康を損なうような食生活や生活習慣
・問題を自分で積極的に改善しようとしない
・不倫や犯罪等自ら不安になる行為をする
・自分がどういう人か判らない
・努力をしない、自ら動かない
・失敗から学ばない
・お金を全部使い切ってしまう

その他にも色々考えられますが、まずは、安心できる環境や自分を作る前に、考えうる不安要素を一つ一つ解決しましょう。

そのためにはお祈りやポジティブシンキングではなく、実際の行動を伴った改善方法が必要です。
周囲の人は変えられないので、自分自身が変わりましょう。

不安感

 

不安を「〇〇のせい」と深堀しない

不安や生きにくさの原因を振り返って癒そうとする人が多いのですが、私はこれ、逆効果だと思います。

何故ならこの広い世界には色々な要素があるのに、過去に起こった問題=現時点では変えられないものにフォーカスし、ずっと見つめ続けると、そればかりが大きくなり、不安感ばかりではなく、恨みを募らせていく方が多いからです。
「だから私はこんなに不安なの」と免罪符を手に入れてしまうので改善が難しくなります。

私の場合、原因は原因として分析し、ご自分で全体像を理解する必要があると考えます。
食べ物を味わい、咀嚼して消化・吸収し、最後には排泄するように、理解するからこそ手放すことが出来ます。

起きた出来事や心の状態だけを見ても理解できません。
人間の要素は心だけではないからです。
嫌な事をすぐに忘れるためには、新陳代謝の良い脳の状態になっている事も必要です。

身体の状態や家系から受け継いだもの、生まれつきの性質、霊的要素、環境など広い範囲で見るからこそ理解できます。

不安感

 

現実的な実体のある安心要素を沢山作る

・夫や妻、恋人、家族、友達がいるから大丈夫
・この家があるから大丈夫
・健康的な食事や運動に気を付けているから大丈夫
・自分を理解しているから大丈夫
・やりたいことをやれているから大丈夫
・不安にさせる人が周囲にいないから大丈夫 等々

こう思うには、現実的行動が必要です。
時間をかけて人との安心できる関係性を築いたり、働いてお金を稼いだり、毎日健康を気遣ったり、なりたい自分になる努力を実際にするから、「大丈夫」と思えます。

安心するためにお呪いやお祈り、パワーストーンやお札・お守り、パワースポット、神社仏閣等、色々な物を利用される方がいらっしゃいますが、これは、現実的な安心要素があるからこそ「もう一押し」のために力を得られるものです。

不安要素を抱えたままの方がこれをやっても何の効果もある訳がありません。
何故ならお金を出すだけ、祈るだけ、その場に行くだけ等のお手軽なものは、他でもない、ご本人が一番「こんなので大丈夫?」と、無意識のうちに思っているからです。

不安要素を一つ一つ改善したうえで、現実的に行動して自分で安心できる要素を増やしていきましょう。

それでも人生は時に、まるで試すように、病気や事故、災害等、予想もつかない出来事を起こします。
これらは本当に起こるかどうか判りませんが、綱渡りをする人が下に網を張っておくように、出来るだけの備えをしておくことが必要です。

実際に起こった時には、上記に書いたような安心要素が心の支えになるでしょう。

予防接種を打つように、付け焼刃ではダメですよ。
日頃から病気にならない、なっても治せる治癒力を持てる生き方をするから健康に自信が持てるように、日々の積み重ねが大事です。

当たり前の事しか書いておりませんが、これをお読みのあなたが安心して生きていかれることを願っています。

 

参考記事 http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-764.html

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380