スピリチュアル世界と現実世界① — 霊的世界のルール 〜 繋がりについて

霊的世界の良き者達は、むやみに答えを教えてはならないと知っています。

この度の北海道胆振東部地震地震では多くの方にご心配いただきました。
Trinity編集部の方々も道民へ向け、暖かいお見舞い文を掲載してくださり、私自身、とても励まされました。
ありがとうございました。

私の住む北海道帯広市は震源地から160㎞離れ、震度4で、断水・停電などありましたが、現在は復旧し日常を取り戻しつつあります。
その前には日本列島を大きな台風が襲い、天変地異が続くと「何故こんな事ばかり起こるのか?」と考えずにはいられないかもしれません。

そこで今回は、スピリチュアル(霊的)世界と現実世界の繋がりについて書こうと思います。

 

わたもりのスピリチュアルカウンセリングでがっかりする人

私のホリスティックカウンセリングは人間を身体と心と魂から出来た生き物と捉え、全ての面から見て、その方の問題の根本がどこにあり、どうやって解決したら良いかをお伝えするものです。
それには様々な医療や病気、身体、現実的現象に関する知識、心を分析する力に加え、霊的な力・知識も必要になります。
時々、スピリチャルに深く傾倒された方が私にスピリチュアルカウンセリングをして欲しいといらっしゃることがありますが、中にはがっかりされる方もいます。

私はその方の現実的状況を詳しく聞き取り、その方に必要な事をお伝えするのですが、「いかにもスピリチュアル」な事は必要ない場合、全く言わないからだと思います。
スピリチュアル好きの方の殆どが「地に足をつけ現実的に生きなさい」と言う課題を持っています。

逆に今世の人生で疲弊し、当店へたどり着き、本来の自分を取り戻して霊的力が蘇った方には、霊的世界の事を一つ一つお教えしています。

必要ない人には話さないだけなのです。

 

霊的世界の良き者達

「私の守護霊がこう言っています……」と、いかにもな事を期待されていたのかもしれませんが、例えば私の守り手は私を中心に360度地平線の遥か彼方に至るまで多くの者がいて、それは現代だけではなく、遠い過去から未来の全ての時間に存在し、それぞれ姿形も役割も性格も意向も違うモノ達なので、それら全ての考えを伝えることは不可能です。
それらのモノ達の共通点は、私の魂の志に共感し、目的と行動を共にする者と言うだけです。
また、霊的世界の良き者達は、むやみに答えを教えてはならないと知っています。

私はご相談の中で、その方の困り事や状況等を詳しくお伺いすると、現実的な出来事全ての周りにこの日本の状況、世界規模で俯瞰した現実的な地球の状況、霊的視点で見たこの国や世界の状態、霊的世界や神々の意向、過去世から来世以降へつながる流れ、今世のこれからの人生の流れの幾筋か、魂の癖や年齢、魂の目的、宇宙の意図等が重なって立体的に見えてきます。

この世界は全て繋がっていて、スピリチャルな物事だけでは解決しません。
だから、私はスピリチャルカウンセリングではなく、ホリスティック(全体的な)カウンセリングをするのです。
神、龍、天使、守護霊等の広い世界の中の小さな点のような個人的見解を聞いても問題は解決しません。

 

霊的世界のルール

その中からその方に必要な事をお伝えしているのですが、それらは全て現実的世界に生きるその方に必要な具体的事柄なので、一見、スピリチュアルには思えないかもしれません。
中には「今の私には判らないけれど、少し先の私には判る」と言うのもあり、その場合は正直に「今の私にはわかりません」とお伝えします。
それは、その時の私には、そして、その時のその方には判ってはいけない事だからです。

これは私の霊的な物事の師=流輝先生の教えですが、スピリチュアルな世界の物事、判った物事の全てを伝えて良い訳では無いのです。
霊的世界には霊的世界のルールがあり、その殆どが、知らない方が良いし、知ってはいけない事なのです。

そういう分別など何も判らずお伝えする方は、結局のところ、何も判っていないのと一緒だと思います。

「スピリチュアル世界と現実世界② — すべては矛盾なく繋がっている」に続きます。

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380