身体が酸性に傾きすぎて危険な状態になっていることを示す19の危険信号

現代的な食生活では酸性に傾きやすいものです。身体が酸性に傾いた状態が続くと、がんや糖尿病、免疫力の低下など深刻な問題の温床になるといわれています。

身体が酸性に傾きすぎる場合がある、ということはご存知でしたか?

これはよくあることで、非常に深刻な問題です。

健康のためには、酸性にもアルカリ性にも傾いていないバランスの取れた状態が必要になります。

酸性に傾いた場合、身体はバランスを取り戻すために必要な物質を体内から取り出そうとするため、一部の必要な栄養素が不足して身体全体に大きな影響を与えます。

現代的な食生活ではどうやっても酸性に傾きがちなのはご存知の通りですが、身体にとってはあまり望ましいことではありません。

たとえばがん細胞はアルカリ性の環境の中では生存できない、という事実も参考になるでしょう。

体内があまりにも酸性に傾いている場合、それはアシドーシスという状態になります。
アシドーシス自体はそれほどの問題ではないと思われるかもしれませんが、症状が悪化するほど体調も悪化します。

アシドーシスになっている可能性があるかどうか、次のリストにある兆候を参考にしてください。

 

身体が酸性に傾きすぎていることを示す19のサイン

1. 歯茎や歯が過敏になっている
2. 原因不明の慢性的な痛みがある

3. 理由もないのに、機嫌が悪くなることがある
4. 十分に寝ているはずなのに、疲れを感じる
5. にきびなど、お肌のトラブルがある
6. しょっちゅう憂鬱な気分になる
7. 前は楽しめたことが楽しめなくなっている

8. 集中するのが難しく、頭がぼんやりする
9. 突然、頭痛が始まる
10. 食欲が減退する
11. お肌が乾燥しがち
12. 肩がよくこる
13. 下痢や便秘になりやすい
14. 息が切れやすい
15. 感染症にかかりやすい

16. 心拍数が増加し、動悸がある
17. 原因不明の筋肉のけいれんやこむら返りになる
18. 腹部に不快感がある
19. 低血圧

上記のリストに軽く該当する方は、食生活の変化など何か改善策を行う方がよいでしょう。

しかし上記の症状が深刻な場合は、できるだけ早く専門家などにご相談ください。

アシドーシスに最も効果的な対処法は、動物性たんぱく質や砂糖、精製穀物、乳製品やコーヒーなど身体を酸性にする食べ物を極力避ける事です。

アシドーシスかどうかを確認したい場合には、そのための血液検査がありますので医師にご相談ください。

一般的な治療を行わず、アシドーシスを放置した場合には腎臓結石や腎臓の慢性的な疾患、骨疾患、さらに成長の遅延など様々な問題に発展する可能性があります。
また、がんや糖尿病などの患者の多くの人の身体は酸性に傾いている傾向があることも明らかにされています。

 

【参考】https://awarenessact.com/19-red-flags-that-reveal-your-body-is-too-acidic/?=AA

https://www.forbes.com/sites/quora/2018/05/25/if-cancer-cant-survive-in-an-alkaline-environment-why-dont-we-use-that-as-a-treatment/#632fb0ff7c1a

https://youtu.be/m_AKdZ2E1oo

https://ameblo.jp/wake-up-japan/
https://www.facebook.com/cocoheadxx

 

《ココヘッド さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/wake-up-japan/?c=118390