2020年以降の世界の大変革を前に今できることは何か! それは今にあること、そして直感を研ぎ澄まして生きることです。

変革

2019年も第3クルーの中盤。

今年ほど時の流れのスピードの速さを実感する年もないですね。

今年の特徴は、内側の変化と相まって、現実の変化が今までにないスピード感で加速していることです。
政治対立、経済摩擦、金融革命、仕事の見直し、教育改革、環境対策、自然災害、宇宙構想、シンギュラリティに向けてのAI社会の加速。
今は過去からの流れで作られた社会と新しい価値観の中で生み出されてきている社会とが混在しています。
新しい価値観の中で生まれゆく社会構造に対して既得権益を守るべく変化を許さない既存勢力との摩擦も表面化してきています。
まさしくカオスですね。

 

古代エジプトの創世神話の中で水のような混沌の世界の中から最初に浮き上がって来たのは青い蓮

その中から太陽神ラーが生まれ、この青い蓮が再びナイル川に出現するとき世界にパラダイスが訪れると予言されています。

今は産みの苦しみの中で、パラダイムシフトに向けて最終準備の段階に入りました。
パラダイムシフトの先にあるパラダイスの訪れを切望せずにはいられませんよね。
たとえそれが自我意識で捉えているパラダイスとはかけ離れた、想定外の世界だとしても……
どこかではすべて知っているんですが……笑

何でも新しい価値観を受け入れれば良いというものでもなく、過去から積み上げられてきた価値観も伝承される必要のあるものは社会の基盤としてしっかり機能していくでしょう。
一方このパラダイムシフトに便乗し新しい仕事の創出、価値観の創造を標榜した搾取や詐欺も横行しているようです。
これからは新しいものがすべて良いのでも、古いものがすべて悪いのでもなく、混沌とした世界から必要な価値観が新旧混在となって生まれ、それが新しい社会を形成する礎になってゆくのです。

 

今我々はカオスの大波に揉まれは大海を彷徨う一隻のボートに乗っている状態です。

変革

どちらに漕ぎだしたら良いのか……情報の波に飲まれてそれすらも躊躇してしまうかもしれません。
過去機能していた羅針盤もそれだけでは新しい航路を導き出してはくれません。
右往左往して外側の変化の波に振り回されボートから落ちそうになるかもしれません。
あ……困ったな……どうしよう……
でももしかするとそれらは不安から生み出された頭の中の妄想の世界なのかもしれません。

 

では2020年以降の世界を前に、今我々は具体的に何をするべきなのでしょうか。

頭の中の妄想の世界から出て、今にしっかりといること。

今目の前で起こっている出来事に真摯に向き合います。
何が起こったとしても深刻にならず、真剣に向き合うのです。
深刻になって妄想に捕まりそうになったら、常に今に戻りましょう。
今できることにベストを尽くして全力で生きましょう。
ひとつひとつの小さなことを大切に、瞬間瞬間を積み上げてゆきます。
目の前に現れる小さな喜びに感覚を開いて生きるのです。
するといつしか大きな変化を自然に受け入れている自分に気がつくでしょう。

直感を研ぎ澄まして生きること。

大海のど真ん中で古い羅針盤が機能しなくなったら、頼れるのは自分の直感だけです。
直感を研ぎ澄まし情報の波に振り回されず、その情報が今の自分に必要なものなのか……
ひとつひとつ冷静に精査してゆきます。
最終的に結論を出してくれるのは、自分自身なのですから。

今こそ瞑想を日々の習慣に。

変革

 

今ここにあること、そして直感を研ぎ澄ますこと、自己信頼を高めること。

これを実現するのに最良なのは瞑想習慣を身につけることです。
マインドフルネスで今ここの感覚を養うとそれが自然に現実の生活に中でも活用されてゆきます。

そして、自分の思考の癖やパターンを感覚として捉えられるようになると、そこに振り回されなくなりそれが自己信頼にもつながってゆきます。

マントラ瞑想では、主に心の大掃除を進めてゆきます。
すると古い感情から呼び覚まされてくる恐れや不安に捕まることが減り、内側がクリアな状態に変化してゆきます。
自然に直感が研ぎ澄まされてゆくのです。

短い時間でも良いので、まずはできるところから日々の瞑想ライフ始めてみませんか。

瞑想に興味はあるけれど、どうしたら良いかわからなくて……
そんな方はお気軽にご連絡ください。
あなたにあったメディテーションライフのご提案をさせていただきますね!

瞑想コミュニティ西荻窪 http://ffnishiogi.com
ELM瞑想専用サイト    http://eternal-love.jp

 

《梅原富美夫 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/umehara/?c=124053