依存はしてもいい? 心の、潜在意識の奥に住む、インナーチャイルドの癒し方

どんな依存でも、繰り返してしまうあなたの心には、必ず癒されないインナーチャイルドが住んでいます。 インナーチャイルドから、癒されない理由を感じ取って(聞いて)あげる時間を、毎日少しでも作ってください。

まずは、タイトルの結論を申し上げましょう。

依存は、『期間限定』でしても、いいんです。

「えっ⁉︎ どうして?」と、思われたあなたのお気持ち、よーくわかりますよ~。

だって、何かに頼りすぎるのって、よろしくないじゃないですか。
たとえ期間限定であっても。

筆者も最初はそう思っていました。
と言うのも、筆者は昔、人間関係依存で、親に自分を認めてもらいたい気持ちを他の人に求めていました。
満足しないインナーチャイルドが繰り出す依存を、なかなか止められなかったのです。
それでもこんなことをしていてはいけないと、いつも最奥からの魂の呼びかけを感じていました。

 

ほとんどの依存はいけないけれど

依存症は大きく3つに分けられます。

◆物質依存→アルコール、タバコ、薬物 等
◆プロセス依存→ギャンブル、買い物、性、盗癖 等
◆関係依存→DV、ストーカー、男性(女性)依存 等

物質依存については、これは後にも先にも依存してはいけない部類です。
人間が作り出した快楽物質は、脳が求める快楽の制限を外してしまいます。
この依存症にはまってしまった人は次々と快楽を求めてしまうため、なかなか抜け出すことができません。
お酒やタバコ、薬が切れるとイライラしたり、怒りっぽくなったり。
心の判断がつきにくくなり、健康を害し、下手をすると命まで落とすことになりかねません。

次に、プロセス依存。こちらは犯罪行為に繋がるものもあり、やはり依存してはいけない部類です。
盗癖(万引等)は犯罪ですし、ギャンブルや買い物にはお金が必要です。
横領やコンビニ強盗にまで走る人のほとんどの理由が、ギャンブルや遊びで使ってお金に困った、です。
また、最近では性病にかかる若者が増えていて、特に梅毒患者はここ5年で5倍に急増しています。
犯罪行為までいかなくても病気になってしまっては元も子もない、性依存です。

最後に、関係依存。
ある特定の人との人間関係に依存する症状ですが、DV・ストーカーは犯罪行為ですので、問題外です。
残る男性(女性)依存。
これが、期間限定でしてもいい、依存です。

 

親の、無条件の愛を求め続けるインナーチャイルド

特定の人との人間関係に依存してしまう人は、ひとつのものを追い求めています。
幼い頃から求めて、求め続けて、でも。
手に入らないもの。
それは、親が子供である自分を認めてくれる、無条件の愛です。

「どんな子でも、あなたは私たちの愛する大切な子供。」
たった一度、そう言って抱きしめてもらえていたら、あなたは自分と言う人間の存在を、魂を、認めていたでしょう。
なのに人生もう半ばにさしかかろうとしているのに、親はあなたを無条件で認めてくれません。
あなたは自分を認めてもらおうと、親以外の人に走ります。
時には相手に必要以上にくっつき、時には相手を困らせ。
ただ、認めてもらいたいがために、子供のような行為で人間関係を築こうとします。

でもその関係は、大人同士の健全な人間関係ではありません。
心が自律している相手は、【歪んだ人間関係】を築こうとするあなたに愛想を尽かし、やがて去っていってしまいます。
あなたは去っていった相手を憎み、自己嫌悪にも陥ります。
深く傷ついた、インナーチャイルドから出る負の感情エネルギーに溺れます。
しかしあなたはその負の感情が、自らのインナーチャイルドから出ているエネルギーだとは、わかっていません。
ですから、しばらくするとまた、別の人と同じような歪んだ関係依存を築いてしまうのです。

 

あなた自身が認めることで、依存は期間限定で終了する

本当は、依存から早く抜け出さなくてはいけないと、あなたはわかっています。
魂が発する健全な幸せの未来のエネルギーを、無意識に感じ取っていますから。

だったら! まずはおもいっきり、依存しちゃってください。
冒頭でお伝えしたように、『期間限定』で。

期間限定の依存には、ひとつだけ条件があります。
あなたの心の、潜在意識の奥に住む、インナーチャイルドの存在を認識してあげること。
それだけです。

どんな依存でも、繰り返してしまうあなたの心には、必ず癒されないインナーチャイルドが住んでいます。
インナーチャイルドから、癒されない理由を感じ取って(聞いて)あげる時間を、毎日少しでも作ってください。
そしてその子に、優しく囁いてあげるのです。

「今まで気づかなくて、ごめんね。君の本当に欲しいもの、わかったよ。」

あなたにわかってもらえた、あなたの中のインナーチャイルドは、誰かに依存しながら少しずつ、癒されていきます。
人によってスピードはまちまちですが、依存は影を潜めていきます。

逆にこの期間は、依存したい気持ちをおさえではいけません。
依存から抜けられない負のサイクルにはまってしまいます。
インナーチャイルドの気持ちに、ソッポを向くことになるからです。

ですからあなたが、あなたのインナーチャイルドを無条件に受け入れ、依存を認めてあげましょう。
無条件の愛で癒されたなら、依存は期間限定で、終了します。

公式HP:
http://kokorotwin-nagomi.com/

メルマガ:
http://www.mag2.com/m/0001670235.html

 

《伊藤友美 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/ito-tomomi/?c=115131