チャクラの秘密 「自分を超える至高の存在、ハイヤーセルフと第八チャクラ」

私たちの深層は、ハイヤーセルフの存在を認識しています。
チャクラ

みなさま、こんにちは。
京都、スピリチュアル・セラピスト・ミヤノリト∞です☆

 

〈すべてが完璧なハイヤーセルフでは学びが必要ない〉

今回のテーマは、第8チャクラ、ハイヤーセルフとの接触です。
物質的な自分の中には、自分が認識している「自分」しか存在しないように感じてしまいますが、多角的な部分の中で、その中心を司るハイヤーセルフがいます。
しかし、宇宙そのものであるハイヤーセルフの存在を、私たちは忘れてしまっているのです。

自分に関することのすべてを知っているハイヤーセルフではありますが、その状態では「すべて」を知っている為、「学び」をする必要はありません。
「学び」をする必要がないということは、そのままそれだけ、それ以上もないということです。
私たちは、あえて、「学び」をする為、本来の自分を忘れ、それを思い出しながら生きているところなのです。

欠けているように見える私たちは、宇宙の源に近づくタイミングを星たちのエネルギーから与えられ、段階を経て上昇しています。
しかし、「我」=「エゴ」を増大させ、真我を忘れてしまってはいけません。

 

〈「我=エゴ」を増大させてしまうと、ハイヤーセルフを忘れてしまう〉

チャクラ

自らの意識が、物質世界の様々な欲に囚われすぎになってしまうと、本来の自分をすっかり忘れ、地球のカルマに取り込まれてしまいます。
多くの魂たちは、そのカルマに囚われ、宇宙から自分を切り離してしまっているのです。
宇宙の中に存在する、自分のハイヤーセルフは、そんな私たちを見守っています。

何を忘れ、何に気づき、何を恐れ、何を愛するか……。

それは、各自の自由だということも知っているのです。
何を選択しても、どれも正解です。
ハイヤーセルフは、カルマに溺れても、さらなる学びを掘り下げる経験を得たことと理解しています。

しかし、そのままの物質世界に溺れた状態では、生活、人間関係などが「自分の本当の幸せ」から遠ざかってしまいます。
そのまま行きついてしまうと、本来の生きている意味を無くしてしまい、価値を見出すことが出来ないばかりか、破壊的な考えを引き出してしまうことになってしまいます。

 

〈「我」の思考で一杯になってしまったら……〉

チャクラ

ハイヤーセルフは、何でも受け入れてくれますが、そこまで私たちは成長しきれていないのです。
ですから、迷い人とならないように、ハイヤーセルフの崇高な思いを深層意識で留めておく必要があります。

そこで、第八チャクラ(頭の上10~15センチくらい、「天使の輪」と呼ばれる場所)に意識を持っていくことで、ハイヤーセルフと繋がることができます。

自分の考えで行き詰まり、思考が凝り固まってしまった状態に陥ってしまったら、「天使の輪」に意識を向けて、少しの間「現実」から一休みをしてください。

新しいヒントが浮かぶかもしれません。

 

《宮徳戸 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/miyanorito/?c=32803