「直感力を高める3つの方法」〜 宇宙からのメッセージを受け取りやすくするには 〜

直感

あなたは直感が強い方ですか?

直感力は私たちを幸せへと導いてくれる道先案内人です。

そんな直感力をアップする3つの方法を今日はご紹介します。

 

1「最初に思いついた事を書きとめる」

よく最初に思いついたことが一番直感的と言われます。
最初にふっと思ったことには、あまり邪念や分析や思考が働かず、宇宙のメッセージを受け取りやすい状態といえます。

この最初に思いついたことを、書きとめる癖をつけてみましょう。
もしその思いついた事が、すぐに実行できる種類のものではなかったとしても、「こんなのできやしない」と思う前に、とりあえずノートに書き留めてください。

私の知人にはこの最初にチラッと思いついたことを書きとめることで、一つの講座の体系を作った方がいます。
この方は本も出版されました。

最初に思った事というのは、何気なく思い付くことが多いので、あまり意識的になれず、すっと忘れてしまいがちです。

そして後から思うのです。

「ああ、最初に確かに、そう思ってた!」と。

この最初にチラッと思ったことを書きとめる癖をつけていくと、自分の直感力が段々と上がっていくことを感じることができるでしょう。

直感

 

2「夢日記をつける」

夢は私たちの潜在意識からのサインがたくさん含まれています。
ですが、支離滅裂な夢も多く、どういう意味なのかを読み解くのは難しいものがありますね。

しかし、よく億万長者になった方や、偉大な発明をした人の自叙伝などを読むと、夢のお告げでヒントを得たという話がたくさんあるのに気づきませんか?

アインシュタインは「相対性理論」のヒントを夢で得たと言っていますし、湯川秀樹の「中間子理論」も夢からヒントを得たとのことです。

私たちの夢はまさに直感の宝庫。
書きとめていくことで、あなたも偉大な発明をするかもしれません!

 

3「瞑想する習慣をつける」

直感

瞑想を習慣にしていくと、とても直感力が高くなります。

瞑想はメンタルを整え、脳に休息をもたらし、不安を和らげ、ストレスに強い心を作ることが知られていますが、さらに直感力を上げることができます。

トランスパーソナル学会の初代会長であったアリス・M・グリーンは、学生に向けた瞑想の実験で、瞑想ができるようになった学生たちが、瞑想中に様々なビジョンを見るようになったと報告しています。

そして、彼らの中には学校に提出する論文の構想が思いついたり、美術科の学生は、非常に楽に絵がかけるようになったり、中には対人関係にまつわる問題が解決できるようになる学生もいたそうです。

 

すごいですね!

以上直感力を高める3つの方法でした。

 

どれもすぐに試せそうですね。

あなたの直感力をあげて、幸せへと導かれていきましょう!

 

《谷原由美 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tanihara/?c=159291