誰でも出来るのに意外と知らない! あなたのスピリチュアリティを開花させるもの〜天使編〜

ぜひ、多次元との繋がりを楽しんで自分の世界を広げてみてください。

777や222などのゾロ目や、1:23などの時間など3桁〜4桁の数字を何度も見る場合は、わかりやすいサインの一つかもしれません。こうした数字の配列は“エンジェルナンバー”と呼ばれ、天使からのメッセージと言われています。

しかし実際は、同じ数字を何度も見かけなくとも、ピンと来た数字がサインやメッセージだったということもあるのです。

サインはとても自然な形で日常の中に表れるため、「これが本当に天使のサインなの?」と疑心暗鬼になりやすいのが罠です!

だからこそ、天使に語りかける際には「わかりやすいサインで教えて!」というようにお願いすることが大切です。

コツは「指令」すること。それでもサインがわかりにくければ「何度も指令すること」です。

多くの方が「1回でわからない……」となって諦めてしまうようですが、遠慮しないで何度も指令していきましょう!

私の場合ですが、ある時チャネリングで自分のことを天使に聞いたら、いつもは言葉が降りてくるのに数字しかメッセージが来なかったということがありました。

もしかしてエンジェルナンバー? と思いつき、調べてみるとピッタリなメッセージがそこにあったのです。(エンジェルナンバーは書籍で調べています。)

何度も同じ数字を見ないとエンジェルナンバーではないのだ! と思い込んでいたので、その時は目から鱗でした。それからというもの、数字だけのメッセージが来たときはその意味を調べるようになりましたが、やはりドンピシャリな答えやアドバイスで、それは回を追うごとに精度があがっていきました。

思い込みを外して何度もやっていくことで、だんだんと的確なメッセージを受け取れるようになったという事例です。

photo03

 

サイン・メッセージの意味を見つけるには?

次に、サインやメッセージの内容についてですが、これには少し慣れとコツが必要です。
サインを見分けることに慣れてくると、その意味が直感でわかるようになったり、言葉が湧いてくる、イメージが浮かぶ、夢でお知らせがあるなどわかりやすいメッセージとなってまいります。

コツは、繋がる方法で書いたリラックスした状態になることと、期待をしないことです。するとメッセージとしての意味が自然と意識にあがるようになってくるはずです。

サインやメッセージの種類は人それぞれです。
光が見える、音が鳴る、物が落ちるなど、サインは多種多様で、必ず“これ”と決まったものがあるわけではありません。
しかも日常生活の中の些細な出来事として起こることが多いので、
「気づく力」「違いを見分ける力」というのがとても大切になります。

普段から違いに気づく、意識をするというのを心がけるようにしましょう。「質問した直後に音が鳴った」という現象をサインと捉えるか、偶然と捉えるか……など、サインを意識する習慣をつけておくと、サインならではの特徴を判断するコツがつかめてきます。

初めのうちは、サインが分かりやすいような形で、天使に質問を投げかけるのがオススメです。

たとえば「YESなら○○で教えてください!」と指令してから、「AとBはどちらが私にふさわしい?」と質問をする。
そして

「Aはどうですか?」→サインを待つ
「Bはどうですか?」→サインを待つ

というような形です。

他にも、YESの合図を指令してから「私にとって△△は必要?」などと問いかけるのも良いでしょう。

ただし、サインが間接的な場合もあるので注意してください。
例えばサインを「音」に設定した場合に、物が落ちるなど別の形で表現される、などです。
この場合、あなたには「物が落ちる」というサインの相性のほうが良いのかもしれません。

こんな風に色々とあなたに合ったサインを、楽しみながら検証してみてください。

サインの見分け方に慣れてくると、もっと具体的なメッセージや意味が直感でわかるようになったり、イメージが見えたり、声が聞こえたりということも可能になってきますよ。

photo04

天使やマリアなどのアセンデッドマスター達、自然界の精霊や妖精達、天然石など様々な次元との繋がりを増やしていくと、現実世界だけではない世界が広がるため、あなた自身の世界観も広がっていきます。

スピリチュアルというと、どこか遠い感じがしている方はもっと身近な友人のように捉えると良いと感じます。彼らとの繋がりは友人が増えるようなもので、日常の些細なことを聞いたり、お願いしたりすることも楽しいですし、仲良くなればなるほど物事をスイスイ運んでもらうことも出来るようになりますよ。

ぜひ、多次元との繋がりを楽しんで自分の世界を広げてみてください。

 

《橋本真由美さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/mayumi-hashimoto/?c=115013