ウイルス対策でストレスを溜めたくない! コロナ対策時における不安やストレスを和らげるマインドになるために

コロナ禍

コロナ禍により、マスク、手洗いや消毒をする日々が続いています。
たった一つのウイルスが世界中で蔓延したことから、誰もが想像していなかった生活に一変してしまい、戸惑いを感じている人は少なくありません。

人との距離を空けるソーシャルディスタンスが呼びかけられるようになり、寂しい思いを感じている人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、衛生活動を笑顔で楽しみながらできるマインドの持ち方について紹介していきます。

 

コロナ禍より実際に衛生意識は高まっているの?

衛生商品を多く発売しているライオンの調査によると(2020年12月に全国の15歳~69歳の男女9,153名に行った調査)、新型コロナウイルス感染症の流行前(2020年1月以前)との清潔衛生意識の変化について調査したところ、なんと6割以上(66.4%)の方が以前よりも清潔衛生意識が高まっていると回答しました。

個人レベルでの衛生意識は、かなり高まっているようです。
ただ、その中で「清潔衛生意識が高まった(もしくは元々清潔衛生意識が高い)」かつ、「通勤・通学をされている」男女 419 名に改めてオフィスや学校でウイルスが気になる場所や物があるかと聞いてみると、「トイレの便座やドアノブ・レバー・ボタン(43.6%)」、「不特定多数の人が使う机やイス(36.9%)」、「エレベーターのボタン(35.8%)」など、外出先での清潔衛生環境に不安を抱える方が多いことが見受けられました。

また、会社によっては「心配するとキリがない」「消毒にコストをかけると経費がかかる」などといった心配の声も……。

どんなに衛生に気をつけていても、建物の施設などに不安を感じる人は少なくないようです。
しかし、さすがにそこまで神経質になってしまうと、楽しく過ごせないもの。

そこで、一人一人が安心できるよう対策を取ることが大切です。
エレベーターのボタンは指ではなく手の関節で押す、机や椅子はその都度消毒できるように持ち運びのできるアイテムを用意しておくと安心です。

 

義務ではなく笑顔で衛生を心がけるコツ

コロナ禍

手洗い、消毒は義務に感じると苦痛になってしまうもの。
そんな時は、家族、友人、恋人など大切な誰かの顔を思い出してみましょう。
すると、今清潔衛生行動をとることが、大切な誰かの笑顔を守ることに繋がるのではと感じ、負担に感じなくなるのではないでしょうか?

なお、消毒アイテムを多く販売しているライオンでは、ハンドソープブランド「キレイキレイ」において、 キレイのリレープロジェクトをスタート。

このプロジェクトは、手洗いなどを通して自分を 守ることはもちろん、「大切な誰かを想い、清潔衛生行動をとる」ことを、ひとりひとりがリレーのようにつなげていくことで、人と人との触れ合いにあふれ、人と寄り添いながら、前向きに過ごせる社会を目指す活動です。

なお、このプロジェクトでは、趣旨に賛同した運輸や観光、商店街といった事業者を対象とし『キレイキレイ』製品を無償提供するとともに、「清潔衛生対策ステッカー」等を提供。
一人一人のみならず、企業や街全体の意識も変わるよう活動しています。

衛生活動をしようと思っても、一人だけで活動していてはなかなか社会は変わりません。
その想いは自分だけでなく、家族、お友達や大切な人につなげていきましょう。
1人1人がその意識を持つことで、快く対策できるようになるはず。
また、その心がけをSNSなどで伝えていくと、より広い人々に伝わっていきます。

 

小さな子には歌やアニメで楽しく伝えよう

コロナ禍

また、ライオンでは、子供に手洗いを楽しくやってもらうためにオリジナル手洗いソング「ぼくが手をあらったら〜つながる手洗い歌〜」を公開しています。(公開日:2021 年2月 16 日予定)

本楽曲では、手洗いの方法だけではなく、手洗いの大切さを伝達するために歌とアニメーションにあわせて2台のスマートフォンをつなげて遊ぶインタラクティブな仕掛けが用意されています。
きっと、お子さんも喜ぶこと間違いありません。

 

ウイルスを恐れないために大切なこと

コロナ禍

今のところ、流行しているウイルスに関してはまだまだ解明されてない部分も多く、私たちに今できるのは消毒、マスク、手洗いを続けることのみ。しかし、日々恐れを感じていると不安に襲われてしまうことも。
不安はもっとも恐ろしい感情のひとつであり、ひどくなると不眠などの原因になってしまうことも。

不安を取り除くためにも、まずは手洗い、消毒をする前に大切な誰かを思い出してみてください。
そして、その人を守りたい、またその人との楽しい日々を思い浮かべていけば、恐れや不安を少しでも和らげるようになるはずです。

(※引用) キレイキレイ 公式サイト https://kireikirei.lion.co.jp/

 

《みくまゆたん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/mikumayutan/?c=147678