3月7日魚座の新月……愛と循環の宇宙エネルギーに身を委ね、新たな可能性に向かうとき

*魚座の新月を迎えるにあたって……

自然界にあるものは、常に一定のリズムで変化しています。
日が昇り、沈むまでの一日のリズム。

月の満ち欠けの周期、変わりゆく季節の流れなど、
これらは科学的に説明をすることはできても、
科学の力でそれを止めることはできません。

夜空の月……その神秘的な姿に、
古来、『月には特別な力がある』と信じられていました。

月の引力は、海面に影響を及ぼし、
潮の満ち引きを作り出します。

海は地球の面積の約70%を占めていますが、
人体の水分量も全体の約70%となっています。

そして生命の誕生も深く関係していると言われています。

「月の特別な力」は私たちの魂の大切な使命を果たすために大きなエネルギーを与えてくれています。

もうすでに、インスピレーション(直感)を使って生きていく時代に入っています。
魚座の新月の神秘的な力を借りない手はありませんね。

 

*3月7日1:05頃「魚座の新月」

魚座は12星座の最後の星座。
魚座が終わるとまた新たなステージが牡羊座から始まります。

そのため、新月が魚座にある時はいつも以上に心の声に耳を傾けることで、
インスピレーションを高めることが出来ます。

『魚座のキーワード』
魚座新月に願い事をするにあたって、覚えていて欲しいキーワードは「目に見えない物」です。

魚座新月は、スピリチュアルな世界や、想像力、夢、癒し、
そして愛情といった事柄に関連する願い事を得意とします。

また、魚座は終わりと始まりの象徴でもあるので、悪い習慣などを断ち切るといった、
あなたが生まれ変わるイメージを持った願い事も叶いやすいとされます。

新月の願い事では、自分以外の誰かを変えてしまうような願い事はタブー。
あくまでも願い事で変化が起きるのは自分。
そしてあなたが自ら変わってくると、
まるでマジックにでもかかったように周りの人も変わってくる……ということになります。

それなので、愛情に関する願い事を得意とする魚座新月ですが、
願い事の対象となるのはあなたから発信する愛情であって、
あなたに向けられる愛情ではないけれど、
あなたが発するエネルギーはすべて自分へ返ってきます。
あなたが愛を広げれば、その愛は必ずあなたの元へ数倍にもなって戻ってくるのです。

新月の願いごとはノートに書いておいた方が良いと言われていますが
魚座の新月は宇宙とつながりやすくなっています。
個人的な願いと共に、地球や平和のことなど、大きな願いは
書かなくてもあなたの願いを宇宙に向けて発信するなどしてもしっかり届くでしょう。
そのときは、愛と循環をテーマに祈りをこめて……

あなたの優しく大きな愛は循環して必ず豊かさと共に大きくなって
あなたの元へ返ってくることになるでしょう。

 

*月の神秘エネルギーを借りるには……

魚座は、水のように流れに任せて姿を変え続ける自由な星座。
それまでの形にこだわったり、もともといた場所や持っていたモノに執着することはありません。
そんな魚座の力を借りれば、何かに執着してしまうために起きる苦しさから解放され、
何でも自分の力でどうにかしようとしたり、人を変えようとしたりして、
かえってうまくいかなくなってしまう失敗パターンから抜け出せるはずです。

私たちは、目で見て、それが何か判別できるものだけを「世界のすべて」だと思ってしまいがち。
でも魚座は、目に見えない、もっと大きく神秘的な世界とつながる力を持っています。

その世界は、頑張ったからと言って得られるものではない
宇宙から与えられる「直感」や「インスピレーション」の宝庫。

水の流れに身を委ねてゆるゆるリラックスした状態……
ふわふわ宇宙に漂っている状態……

そんなイメージであなたらしくニュートラルな状態で日々を過ごせると、
地球の波動が上がると共にこれからあなたのステージもグンとアップしていきます。

昨年から少しずつ不要なものを手放し、身軽になったあなたは
自分でも驚くほどのスピードでこれからの人生が展開していくこととなるでしょう。

そしてこの春から、生まれ変わったあなたの
新たなステージは本格的に始まることとなります。

2020年にはどんな自分になっているか……
いま、具体的にイメージしておいてくださいね。

あなたが思い描いたイメージは必ず現実となってくるはずです。

宇宙はあなたを応援してくれています。
あなたの可能性は無限大なのですから。

 

blog
https://ameblo.jp/mi-ki-room
Facebook
https://www.facebook.com/mikinoheya

 

《平松宮妃(ひらまつみき) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/mikinoheya/?c=157893