2019年3月スピリチュアル・メッセージ — ツインレイ最終結集完了へ、そして、私たちの世界は劇的に生まれ変わる

天王星牡牛座入りで人生に“革命”が起きる —、あなたの行動でツインレイ、ツインフレーム、ツインソウル最終結集が完了する3月

占星術的に非常に大きなエポックとなる春分/宇宙元旦を抱える、3月がやってきました。

世のツインレイ、ツインフレーム、ツインソウルの最終結集が、この時期に設定されています。
先月のスーパームーン以降、宇宙のバックアップが更に強まっています。

6日には水星が逆行を始め(10天体の順行終了)、過去の人脈、経験からのプレゼントが届く時期に入ります。
天王星が牡牛座入りすることで、旧いもの、不要なものが完膚なまでに消え去り、新しいもの、必要なものが突然用意されたりと、目まぐるしく、自分の周囲を取り巻く世界が激変する時期です。
牡牛座の象意は“行動して、学ぶ”。

頭で難しいことを考えず、実際に飛び込んで、体感せよということを、宇宙から求められています。まさに、自分の人生にドラスティックな改革、革命の嵐が巻き起こる時です。
躊躇していたこと、ペンディングにしていたことに、決着をつけなければいけない場面もあるでしょう。
いずれにせよ、真実の道が開かれる、最大にして最後の好機が、この3月にやってくると言って差し支えはないと感じます。

 

3月のルノルマン月間リーディング — 運命は、魂が遠い昔に交わした約束の場所へと、あなたを運ぶ

極めて重要な月となる、この3月の月間リーディングを、ルノルマンカード3枚引きで占いました。
出た3枚は、左から並び順に“クローバー” “クロス” “星”。
クローバーが表すキーワードは“好機到来、思いがけない幸福”。
クロスの象意は“運命的な出会い、使命”、“星”のカードが表すのは“夢や希望が叶う、導き”。

3枚のカードから浮かぶストーリーは、まさに運命の流れに導かれて、長年願い続けた魂が求める天職、運命のパートナーとの出逢いが用意されている、という暗示です。

天王星牡牛座入り/水星逆行開始の6日以降には、ソウルファミリーの最終結集は加速をつけ、宇宙元旦には完了を見ている可能性が高いと言えるでしょう。
3月は自分に合った働きやすい職場が見つかったり、魂で結ばれた結婚相手との出逢いや再会を果たし、本当の意味での、“人生の本番”のスタートを切られる方が多いと見ます。

人間は恋愛や仕事などで挫折や失敗をすると、その傷にしばらく、うずくまってしまうものです。
それはうつ病やパニック障害、自律神経失調症などの病気という形で出てくる場合もあれば、新たな就職や恋愛に踏み出せず、“ひきこもり”を選んで社会との隔絶を選ぶという、寂しい選択に現れるかもしれません。
しかし、やがて立ち上がり“今度こそ成功を遂げてみせる”と決意をして、前向きに生きる方も多いでしょう。この文章を読んでくださっている皆様も、それぞれに厳しい魂の修行を重ねてこられたと思います。その“今度こそ”に挑戦するタイミングこそ、この3月です。

あなたの中で、これから何を為すべきか、誰に会うべきかは、既に固まっているのではないでしょうか。

あとは、行動するのみです。

宇宙も、統合に向けて大きく後押しして下さっています。先月に続き、この3月は人生で忘れられない、あなたの命を揺さぶる、大変に重要な月となるでしょう。

 

約束の丘で、懐かしい夜空の星を眺めるふたり — 魂が追い求めた真実の幸福が今、訪れる

2月26日、射手座の下弦の月を前に、天からスピリチュアル・メッセージが、降りてきましたので、ここで記したいと思います。

“待ちわびた瞬間が

訪れようとしています

春の訪れ

それは あなたの魂が追い求めた

真実の幸福の訪れなのです

燦燦と降り注ぐ明日の太陽の輝きに

あなたの未来を重ねてみましょう

あなたの隣で

そっと支え そっと微笑む

懐かしい温もり

たったひとつの

ふたりがいます”

まだ魂だったあの頃、向こうの世界であなたは、双魂と小高い丘に座り、夜空に輝く満点の星を眺めていました。
手を固く握り合い、“向こうの世界に行ったら、また再会して、一緒になろうね”と、約束し合うふたり。
肉体を持ってこの世に転生してから、いったい、どれだけの時間が過ぎたでしょうか。

2019年の3の月、全てに、決着がつく瞬間です。
無垢な心で、あの頃の約束を、思い出してください。

明日、太陽の光を浴びたら、ひとつ、決意をしてみましょう。

それは、あなたの人生の扉を開く、大きな一歩となるでしょう。

TRINITY読者の皆様がこの3月、愛の統合の歓喜に包まれるよう、祈念しております。

姓名学者・八田運命総合鑑定所主宰/八田靖彦

(了)

 

《八田靖彦(はったやすひこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/hatta/?c=138853