節分・立春・水瓶座の新月を迎え、これから本格的な2019年が始まる~

*本格的な変化の年がスタート

2019年がスタート!
と思っていたらあっという間に1月も終盤。
あと少しで節分です。

節分はみなさんご存知のように
「季節を分ける」という意味があり、1年に4回あります。
立春・立夏・立秋・立冬……
それぞれの季節が始まる前が「節分」です。

節分の頃である、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるというので
その邪気(鬼)を追いはらう儀式が「豆まき」だそうです。
せっかくの機会なので、思いっきり笑いながら豆まきをすると邪気もすぐに退散してくれそうですよね。

そして、節分の翌日2月4日が立春となります。
この立春の日から気学では年替わりとなり、八白土星中宮の年に入ります。

八白土星の象意は「山」を表し、「定位」の方位は、「北東」。
「北東」は二十四山で「丑・艮・寅」の方位となり、「静止、停止」の象意を持ちます。

八白土星の年の象徴は……

変化
貯まる
止まる
高い
相続
終止と再開
純粋
改革
高尚
歓迎
という意味があり、今年は「終わりであり、始まりでもある」境目になるところです。
一つの区切りであり、大きな変化を迎える年廻りとなり、「陽と陰」、「明と暗」「成功と失敗」がはっきりと分かれる一年となりそうです。
そう言われると少し不安になってきますが、この変化のときでも不要なものを手放してあなたらしく前向きに進んで行けば心配しなくても大丈夫。

 

*あなたらしい再生が始まるとき

以前の記事にも書きましたが
2019年の十二支、亥は、十二支の最後。
十二支の最初は「子」から始まるから
亥の年は、翌年「子」から始まる次の種の成長に備えて、
知識を増やす、精神を育てるなど、外に向けての活動ではなく、
あなたや周囲の「根っこの部分」となる土台作りをしっかりとする。
そんなことが大切な年となります。

今まで「変化の変わり目のとき」とお伝えしてきましたが
今までは序章の序章。

昨年から生まれ変わろうと少しずつ意識してきた方は特に、
この節分までにこころの中にまだモヤモヤしたものがある場合は
スッキリと解消しておきましょう。

モヤモヤしたものを抱えたままでは、
この大切な時期に宇宙とつながりにくくなってしまいます。

2月3日の節分の後、2月4日の立春から本格的に「終止と再会」「変化」「改革」となっていきそう。
本格的に変化はしていくものの、順調に軌道に乗るわけではなくて、
この1年間の次に備えての準備をしっかりと整えると、2020年からが
本格的に次元上昇した地球の軌道にうまく乗ることができるようになります。

2020年がどんな年になるか、胸をワクワクさせながら今年の準備に励んでくださいね。
あなたが宇宙とつながっている状態かが一番わかりやすい大切な目安は「ワクワクすること」です。
ワクワクすることはあなたが宇宙からミッションと決めてきたことのひとつなのですから。

 

*2月5日は水瓶座の新月と旧暦の元旦を迎えます

新月と元旦は始まりのとき。
スペシャルな日が続きますね。
水瓶座のキーワードは
自由・個性・独創性・改革性・合理性・発想力・アイディア・ひらめき・ネットワーキング・情報・人道的な活動など。

自分自身を大きく変えるにはとってもふさわしいタイミング!
あなたがあなたらしく、今までの常識にとらわれないように生きること。
水瓶座は自らの使命を果たすための大きな力を与えられています。
例えば、今までのルールや常識にしばられない自由さ。

また世界をしっかりと見つめ何が問題かを鋭く見抜くための特別な知性と
革新的なアイディアを生み出すための発想力。

もしも今、「現状を変えたい!」なんて思っている人は現状を変える強力なパワーをいただけます。
それから、インターネットと情報を活用することもとっても大切。

今の時代はネットも宇宙とつながる大切なツールですから
SNSを使ってあなたらしい情報を発信していくことで
世界は広がり、人脈や同じ志を持った仲間も広がっていくようになります。

いよいよ新しい時代のスタートのとき。
あなたが宇宙と完全につながり、今までの常識にとらわれず
宇宙からの情報をキャッチすることができると、そしてコツコツと積み重ねることで
2020年へ向けての準備がしっかりと整うこととなるでしょう。

いま、変化のとき。
変化にはもしかしたら少し辛いデトックス的なこともあるかもしれませんが
いつでも勇気と希望を忘れずにいてください。

そのデトックス的な出来事は
これからもっと良くなるために起きたこと。
あなたがますますパワーアップするために起きた出来事。

宇宙や神さまはいつもあなたを応援してくれています。

 

blog
https://ameblo.jp/mi-ki-room
Facebook
https://www.facebook.com/mikinoheya

 

《平松宮妃(ひらまつみき) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/mikinoheya/?c=157893