サイキックリーディング 講座①  ダウンジングと潜在意識……ペンジュラムは何故当たるのか?

ペンジュラム

こんにちは、マユリです。

石やアロマの波動を測定したり、自分に合ったものを選ぶのに、よく、ペンジュラム(振り子)が使われます。

「ペンジュラムって、なぜ答えが分かるんですか?」
「気功のようなパワーで回してるとか?」
「本人が回してるんじゃない?」

なるほど、一つ一つお答えしていきましょう。

潜在意識は真実を知っている

例えば、美味しそうな毒林檎があったとしましょう。

見た目は本当に美味しそうで、あなたの顕在意識は「美味しそう! 食べたい!」と思います。

けれども、あなたの潜在意識は「これは毒だぞ! 食べるとヤバいぞ!」と思っているのです。

「さあ、食べよう!」……ちょっとその前に、ペンジュラムに聞いてみてください。

「このリンゴを食べてもいいですか?」

「いいえ」 ペンジュラムは答えます。

「何で〜! これは産地直送の高級リンゴで、甘くてジューシー間違いなしよ〜! 」あなたの顕在意識はそう叫ぶかもしれません。

でも、ペンジュラムが「いいえ」ということは、あなたの潜在意識が「これは毒だ! 食べるな!」と言っているということなのです。

「勘のいい人はそうかもしれないけど……私の直感ポンコツだし〜……普通の人には、そんなの分かりっこないって。現に毒物食べてお腹壊す人、世間にいっぱいいるじゃない!?」

そう! 確かに、世の中には、勘の鋭い人もいれば、鈍い人もいる——だからこそペンジュラムの練習が必要なのです!

ペンジュラム

 

全ての人は、心の奥底で真実を知っている

全ての人は心の奥底で真実を知っています——石の波動の強弱も、今地球の裏側で何が起こっているのかも、あなたの前世も、地球の未来も——全ての人は、潜在意識の最も奥深いところで知っているのです。

ただ、問題は、知っていることを、自分で自覚できないことなのです。

潜在意識で知っていることを、知っていると自覚するためには、顕在意識に上げる必要があります。

顕在意識に上がって、初めて人は、そのことを知っていると自覚して、第三者に語ることができるのです。

潜在意識に留まったままでは、夢にみたり、芸術的インスピレーションとして受け取ったり、ふとした瞬間にビジョンとして現れることはあっても、それは束の間の出来事にすぎず、いわゆる、「知っている」状態ではありません。

でも、大丈夫!

ペンジュラムを使うと、あなたの潜在意識が知ってることを、顕在意識を通さずに知ることができるのです。

「え? どういうことですか?」

心の底で、実は、知っていても、それでは問題の解決になりませんよね。

でも、ペンジュラムを使うと、あなたの知っていることが、ペンジュラムの動きとして出てくるのです。

ペンジュラムとは、潜在意識が知っている情報を、既視化する(目にみえるようにする)ツールなのです。

 

勘の良さには個人差がある

「全ての人は真実を知ってるっていうけど、実際、毒林檎食べちゃう人もいるわけじゃない? 」

ええ、潜在意識は「ヤバい」って知ってるんですが、顕在意思は「おいしいそう、食べたい」って思っていて、それを打ち消しちゃうんです。

潜在意識の情報が、意識にブロックされるんです。

「これは毒が仕込んでいる、食べてはダメだ!」とまでわかったらサイキックレベルですが、確かに、そんな人は滅多にいませんよね。

でも、「なんだか胸騒ぎがする」「どうも今日は食べる気がしない」 —— くらいの人は結構いるように思います。

問題は、せっかく胸騒ぎしても、「まさかそんな……」とか、「せっかく出されたのに食べないのはもったいない」とかで、抑えつけてしまうのです。

もしかしたら、胸騒ぎすらしない方の方が多いかもしれません。抑えつけていると意識すらしない間に、ブロックされてしまうのです。

面白いことに、潜在意識がトリッキーに誘導してくれる人もいます。

「このリンゴは毒だから食べるな」と、ストレートに意識化しても、「私ったら何、馬鹿なこと思ってるの!」って食べてしまうような方の場合、お利口な潜在意識は、その方が納得するような方法で意識化することがあります。

「友達と約束してるでしょ! こんなところで林檎食べてる暇はないはずよ!」とか、別の形で、毒リンゴを食べないように促すのです。

こういう人は、よく、運の良い人って言われるんですけど、実際には運ではなく直感が優れているんです。こうした方も、潜在意識の情報を押さえつけずに、うまくキャッチできる方なのです。

 

ダウンジングは直観を磨くツール

迷わず毒林檎を食べるような人こそ(笑)ダウンジングを習ってほしいところです。

「わあ、美味しい、早く食べたい! と思っていても、ダウンジングをすれば一目瞭然、「食べるな!」ってでます。! 本人もびっくり!「ええ、何で〜」って感じなんです。

ダウンジングを練習することによって、日常生活でも、「潜在意識の掴んだ情報をうまくキャッチできる」ようになります。

いわゆる勘が冴えてくるので、仕事やプライベートなど実生活に大いに役立ちます。

ペンジュラム

 

ペンジュラムは筋肉反射で動く

「あの〜、ペンジュラムって勝手に回るじゃないですか、あれってどうしてですか?」

あれは一種の筋肉反射って言われています。反射なんで、回そうと思ったり作為が入ったらダメなんです。無意識に勝手に回る感じがいいのです。

気張らずにリラックスして、何気に動き出すのを待ってくださいね。

「潜在意識が、筋肉反射を通して、既視化される」それがダウンジングであり、ペンジュラムなのです。

 

潜在意識のレベルが大事

ざっくり潜在意識といっても、実は潜在意識のどのあたりの情報かによって、ダウンジングの精度に大きな違いが出てきます。

浅い潜在意識に聞いたところで、単にその人個人のレベルで「自分でも気づいていない本当の気持ちが出てくる」だけで、もっと大きな普遍的なことはあたりません。

それでは、個人の深層心理を知るレベルで、個人を超えた普遍的な問題に応えるような、深いリーディングはできないのです。

潜在意識のどこに聞くかということは大変重要なことなのですが、それはまた別の機会にお話しさせていただきますね。

 

ダウンジングは、正しい理論に基づいた訓練が必要

ペンジュラムが動かない人は稀ですが、動いていても答えがあっているわけではありません。そこが問題なのです。

マユリのダウンジング講座では最初に、「この3つの石の中で、1番エネルギーが強いのはどれですか?」という質問をやってもらうのですが、こんな単純な質問でも正答率は50%程度です。

当たるも八卦当たらずも八卦では、信用に足らず、ペンジュラムをする意味がありません。

残念なことに、自己流で練習している人の中には、自分のペンジュラムが当たっていないことを自覚していない人がいます。

何事もそうですが、初心者のうちは、答え合わせをしてくれる先生が必要です。

ちゃんとしたやり方を学んで練習すると、だんだんできるようになっていきます。

最初は「自分にあったアロマはどれですか?」みたいな単純なことから、そのうち「どこで地震が起きますか?」みたいな複雑なリーディングまで、できるようになっていきます。

スケート靴を履いたら誰でもいきなりスイスイ滑れるわけではありませんよね。でも練習を積むと徐々に滑れるようになって、そのうちトリプルアクセルもできるようになるかもしれません。

近所のリンクで1人で練習するよりも、ちゃんとしたコーチについて、システムだって練習するのが上達の近道なのは、何を習得するにも同じです。

もちろん、岩の上にも10年みたいな話ではなく、それなりの練習さえすれば、ダウンジングはだれにでもできる便利なツールなのです。

 

マユリ

 

サイキックリーディング講座②「リーディングとチャネリングの違い」につづく

 

マユリさんのセッション&講座
https://ameblo.jp/heavenly-crystal/entry-12663115286.html

https://heavenly-crystal.com/

 

《MAYURI さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/mayuri/?c=95190