魂の輝きと精神のバランスによる健康こそが、水瓶座の時代が求めるインナービューティー〜キプロスのカズコより

あなた自身も覚醒を求めるのであれば、魂をキラキラ輝かせるためにも、「自分らしく生きること」です。

自分らしく生きることで、魂が輝き始めます。

そして、その輝きがこの地球に増えることで、遠い昔、神様が住んでいた美しい星に戻ることをお手伝いできることになります。

遠い昔、仏教の本に描かれていた絵で、極楽では、多くの人達がご馳走の前に座り、長い菜箸で、向う側に座っている人に、食べ物を上手に口に入れておりました。地獄に住む人達は、その菜箸で、人々を傷つけ、食べ物を奪いあっていました。
奪い合う精神は終わりを迎えることになるでしょう。

そうは言っても、お金を稼ぎたい、愛する人と結ばれたい、高級な物が欲しい、友達を沢山作りたい等、諦めることもありません。

体験できることはすべて遣ると良いでしょう。

遣らないままで諦めて、この世の使命を思い出すことが出来ないのであれば、遣ってから、考えれば良いのです。

ただし、あまりも、物質的な欲が強すぎると、アセンションの足枷になることになるので、コントロール出来るように、日頃から、心がけることです。

 

そのためにも、良い波動に囲まれた生活を目指すことです。

好むと好まざるとに関わらず、私たちの気づかないところで、私たちは波動の影響を受けつつ日々の生活を送っています。

古代エジプト人や古代ギリシャ人の生きる時代には、占星術、香り、宝石、音楽そして、色を上手く活用していました。

古代の聖人達は、自分達がこのような物を利用することで、覚醒出来ることを理解していました。

パワーストーンは、どれを身に着けるかによって、宇宙との交信も出来るほどです。

音楽を聴くことで、心身が健康になることも理解しておりました。

植物のエキスや香りも同じような効果があることも認知済みでした。

花は心を温かくしてくれます。

病気になりがちな人に春爛漫の時期に桜を見せることで、希望を与えることになるでしょう。

色、香り、クリスタル、音楽から、波動が放されています。

良い波動を受け取る為にも、生活の中で、良い波動を放している物を身に着け、瞑想の時には、良い香りを焚き、癒されたいときは、アロマオイルや良質なお塩等を入れて身体を清めると波動が上がることでしょう。

波動が上がる究極は、実は、慈悲愛という波動を放つことです。

自分ではなく、他人を想う心は、最高級のエネルギーとなります。

オーラや波動は、誰かの手によって変わることは難しいです。

それは、内面から出て来るエネルギーだからです。

生まれたばかりの赤ちゃんのエネルギーはまばゆいばかりにキラキラしています。

オーラが輝いている人は、自分のありのままを良く理解しています。

外界に意識を持ちすぎると、外見ばかり気にしてしまい、その美しさを保つために、あれこれと悩みが増えてしまうこともあります。

本当の意味での、癒しは内側から来なくてはいけません。

その意味は、明るく、元気で、健康であることです。

水瓶座の時代だからこそ、ホリスティック(※)生き方を目指して下さい。
※ホリスティック(Holistic)という言葉は、ギリシャ語で「全体性」を意味する「ホロス(holos)」を語源としています。

ありがとうございます。

 

《カズコ さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%82%B3/?c=85