過去世からのあなたは赤い糸で繋がれているソウルメイトとどんな約束を交わして生まれ変わったのか?〜キプロスのカズコより

「良薬苦し」という言葉もありますが、未熟な魂が成長して行く為に、本能的に相手の弱点を突いた会話をすることもあります。

若ければ若いほど、その発言で傷つくこともあるかも知れませんが、年を重ねて再会したときに、未熟な方が試練を乗り越えて、成長していれば、同じような価値観に到達したことで、話も合うことでしょうし、良い関係が築けるようになっているかも知れません。

お互いに「成長したい」という意欲がなければ、ソウルメイトが持つ、特別な魂の伴侶として、より良い形で発揮することは難しいでしょう。

真のソウルメイトと出会い、その特別な関係をポジティブな方向に活かして行くには、「心を開いて魂を見せ合う」ことです。

 

魂を見せ合うということは、「自分の心に素直になる」ということです。

相手に、自分の都合で愚痴を言ったり、コントロールしたりすると言う意味ではありません。

そのためにも、何度も申し上げていますが、「自分を知る」ことが重要なのです。

1人でいるときよりも、愛する人といると、感情のコントロールが難しくなります。

まずは、お互いの関係から生まれる自分の感情を冷静に見つめることです。

その感情が自分にどのような「本質」を伝えたいのか、理解する必要があります。

自分と向き合うことで、よりいっそう自分を理解することが出来ます。

自分に対する理解が深まれば、「心のクセ」を克服したいと願うことでしょう。

そして、心は軽くなり、相手に対して自然に心を開くことが出来る事でしょう。

赤い糸で繋がっている真のソウルメイトは、相手の魂の成長を待ち続けています。
もちろん、出会う時期や場所、タイミング、カギになる共通の誰かを通じて繋がりを持たせる出来事も生まれて来る前から話し合っています。

同じように「出会う時期」でも、「何歳になったら、出会う」と決めていることもあれば、「互いの魂の成長がどれぐらいになったら、出会う」と、決めている場合もあります。

確実に運命の相手と出会うためには、「生まれた目的」を知り、「互いが設定した使命に向い、魂を成長させること」です。

魂を成長させることで大事なことは、カルマの清算も不可欠です。

この世に偶然の出来事は起こりません。

例え、偶然に思えても、その現象が起こるべき理由があります。

例えば、あなたを好きになった男性から告白されたとします。

しかし、その相手を好きになることが出来ません。

そして、「こんな魅力のある私と付き会おうとしても、釣り合うことはないでしょう?」と、相手を見下した言い方をしてしまって、その後、その相手の友人だと知らずして、好きになってしまい、交際を申し込んだら、自分が言ったような口調で断れてしまい、辛い思いをしてしまうような出来事は、敢えて、自分も同じように「人に見下されるとこういう気持ちになるのか、次からはしないように」と、その辛い思いを通じて、「人を思いやること」を学ぶことが出来るのです。

私たちが生きている世界は3次元ですから、「自分の蒔いた種」が返って来るにも時差があります。

良い行いをしていれば、それは宇宙貯金として、貯まり、明日かもしれないですし、1ヵ月後、10年後、または、来世に返って来ることになるかも知れません。

良い行いを続けても、肝心な相手と出会うことが出来ないと嘆いて、未来に不安を抱えてしまう人もいらっしゃることでしょう。

もしも、そう思っていても、諦めることはありません。

 

しかし、あなた自身が変わる必要はあります。

いくつかの方法があります。

・ネガティブな自分と向き合い、そんな自分でも、認めてあげること。
・幼少時代に受けたトラウマが意識的に自分の視野を狭めていることもあるので、視野を広げる経験をすることです。

・親との関係で委縮している場合もあります。改善するためにも、親の良い所を見つけ、楽しかった思い出や写真を見て、自分を癒しましょう。

・お付き合いしている場合は、相手の姿に焦点を当て、感謝することです。

・失敗に思えるような人間関係の中には、幼少期の親との関係を再現している場合もありますので、苦しかったこと、辛かったこと、寂しかったことをノートに書き出し、その人達を許してあげることです。

そして、最後に、どんな時でも、頑張って来た自分を褒め、どんなにダメな自分でも、認めてあげることです。

素直に、明るく、謙虚に、行動することで、あなたの魂は成長して行くことでしょう。

そして、気づいたときには、心から笑え、あなたの側に、過去世からのご縁のある人と共に、この人生を歩いて行くことになるかも知れません。

ありがとうございます。

 

《カズコ さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%82%B3/?c=85