夏バテよりも夏ハッピー!~自己管理de元気に夏を過ごす~

身体がバテてしまうと、思考や判断力まで低下してしまうという事をしっかり認識して、しっかり夏バテ対策して下さいね。

夏といえばアイスクリームやソフトドリンクが恋しくなりますが、ここは注意が必要です。

ずばり、太ります! ですので、もちろん食べても良いのですが(私も大好きです!)、ほどほどにして下さい。
冷たくて美味しいですが、冷やし過ぎると今度はお腹を壊してしまいます。

ちなみに、体験から気付いたのですが、アイスクリームやソフトドリンクにハマると、汗がベトベトになります。
夏のベトベトした汗は不快さ抜群、余計に夏バテしそうです。

また、夏はエネルギーを欲してついついお肉が食べたくなりますよね。
もちろん、お肉も大切な食材ではありますが食べ過ぎると体臭がパワーアップしてしまいます。

香水をつけて誤魔化そうとしても、今度は香水が臭いと思われる危険性が出て来ます。
ですので、公私共に誰かと会う時は、その辺を考えて食べて下さいね。

言うまでもありませんが、水分補給も怠らないようにして下さいね。

●運動●

「夏といえば甲子園!」という人も多いと思います。
私はあまり詳しくないのですが、一説によるとこの時期(夏の炎天下)に激しい運動をするのは危険ではないかという人もいるようです。
もちろん応援している観客も同様です。

甲子園が良いか悪いかということでは無く、鍛えている野球少年でさえ熱中症の危険があるのですから、鍛えてない人が無理に、気合と根性で、炎天下で運動をするのはお勧めできません。
だからといって、スポーツクラブに入会しなさいということではありませんが、運動をする際は、早朝や夕方以降の涼しい時間がオススメです。

●睡眠●

暑くて眠れないからと言って何も考えずに睡眠導入剤に頼る事だけは避けて下さい。
まずは出来ることからやって行きましょう。

ズバリ、無理せずエアコンを使って良いと思います。
もちろん扇風機と組み合わせても構いません。
窓を開けて解決するならそれでも良いと思います。

ただ、快眠できる状況は人によって違って来ます。
エアコンを使うにしても冷やし過ぎると今度は違った意味で眠れなくなってしまうので適温を研究してみてください。

体調不良で眠れないとかであれば、信頼できる医療機関などに相談してみてください。
もちろん心に悩みを抱えていて眠れない場合も信頼できるカウンセラーなどを利用して下さいね。

 

夏バテに負けないで楽しい夏を!

夏は暑さでバテてしまいやすいです。
身体がバテてしまうと、思考や判断力まで低下してしまうという事をしっかり認識して、しっかり夏バテ対策して下さいね。

夏は夏ならではのステキな側面もたくさんあります。
夏バテせず、爽やかに夏をエンジョイして下さいね!

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711