人生に『模範解答』は無い!? 幸せは『十人十色』!? ~自分の価値観を大切に~ 

牛乳パックには1L入っていない!?

最近、ネットやテレビで牛乳パックの話が話題になっていましたね。
ご存知でしょうか。

小学校の算数の授業で、牛乳パックの体積の計算をしたところ、「牛乳パックに1000mlと書いてあるのに、計算したら955mlしか入っていない!?」という結果になったそうです。

一般的な1Lの牛乳パックの大きさは、縦7cm、横7cm、高さ19.5cmだそうです。
この3辺を掛け算して、パックに入る牛乳の量を計算したところ、7×7×19.5=955mlという計算結果となり、量を水増しして表示しているのではないかという疑惑が浮上したのです。

しかし、テレビ番組などで検証したところ、パックの中には間違いなく牛乳が1L入っているという結果になったのです。
そこから、「それでは、残りの45mlはどこに入っているのか!?」という更なる謎が浮上したのです。
パック上部の三角形の所に入っているのではないかと思う人もいましたが、実際には三角の部分には牛乳は入っていませんでした。

これについて、日本牛乳協会は、「牛乳をパックに入れると、中に圧力がかかり膨らむため、パックは955mlでも、ふくらみの分だけ量が増え、1L入る。」と説明しています。

 

この話、何だか面白いですよね

学校の授業がきっかけで話題になった「表示の水増し疑惑問題」
そして、「どこに入っているのか分からない45ml問題」

何だか面白いですよね。
これを機に計算だけでは分からないことを学ぶことが出来たし、たくさんの人が食品表示に関心が高まっていることも知ることが出来たのですからね。

また、身近なものを題材に勉強することで印象に残りやすいですし、算数の苦手な子供でもきちんと覚えられたのではないかと思い、とても感心しました。

そして、子供たちが今回の件で、「計算上の答え」と実際の数字が別の要因により異なる場合があるということを学べたのはとても意味のあることだと思いました。

価値観

 

私たちの決断に「模範解答」は無い!?

当たり前のことですが、世の中には色んな人がいます。
『十人十色』という言葉の通り、色んな人がいて、それぞれ個性があるのです。
見た目も、性格もそれぞれ違いますし、考え方や感じ方、物事の捉え方も違います。

そのため、同じような境遇であっても、その時どのような判断をして行動するかは、人それぞれ異なります。
もちろん、選択肢が限られているような場合、似たような選択をしたり、同じような行動をしたりするかもしれませんが、多数の人が選択するような決断や行動が必ずしも『その人にとっての正解』とは限りません。

例えば、高校を卒業したら大学に進学する人もいますし、専門学校に行く人もいますし、就職するという人もいます。
どれが正しいとか、間違いとかありませんよね。

大学に行くべきだと思う人もいれば、やりたい事を極めるために専門学校に行く方が良いという人もいますし、やりたい仕事が決まっていれば早くその道に入るべきだという人もいます。
人それぞれ、様々な考え方がありますが、実際にどの道がその人にとっての最善の道なのかは、その人の価値観や考え方によって異なります。

牛乳パックの話に戻りますが、計算上では牛乳の量が不足していても、実際はきちんと1L入っていました。
見た目だけでは1L入っているかどうか、ハッキリ分かりませんでした。
しかし、牛乳を入れる際に圧力がかかるため、きちんと1Lの牛乳は入っていたのです。
実際の計算結果と現実は異なっていたのです。

同じように、一般論や個人の経験、知識などで想像したり、予測したりして割り出した『模範解答』通りの人生でなくても、その人にとってはとても幸せな人生かもしれません。

反対に、自分にとって『模範解答』のような人生を送っているように見える人でも、見えない所でとても苦労しているかもしれませんし、本人は別の人生を望んでいるかもしれません。

『十人十色』という言葉の通り、色んな人がいて、それぞれ個性があるため、幸せの形も『十人十色』なので、決して『模範解答』など無いのです。
『模範解答』のようなことであっても、現実がどうかは人それぞれ異なるのです。

価値観

 

自分の心の中にある、他人には「見えない部分」を大切に

だからこそ、自分自身を大切にして欲しいのです。
自分の意志や価値観を大切にして欲しいのです。
また、自分の心の中にある、他人には『見えない部分』を特に大切にしてあげて下さい。
人それぞれ、自分にとって大切にしたいことってあると思うのです。
それは、牛乳を入れる時の圧力のように、自分の人生を良くするために必要なパワーになるのです。

そして、他人にとっての『見えない部分』を土足で踏みにじるようなことがないよう、意識してみて下さい。
親しい仲ほど、良かれと思って『ドリームキラー』になってしまったり、自分の価値観を押し付けてしまったりする恐れがあるからです。
人それぞれが持っている、心の中にある他人には『見えない部分』をお互いが尊重し合えるように歩み寄っていけたら良いですよね。

 

自分にとっての正解を探してみよう

そして、自分の人生を彩れるのは自分自身だけです。
他人にとっての価値観に惑わされないでください。
『模範解答』のように見える生き方をしている人がいても、アナタはアナタのままで良いのです。

アナタにとって必要な答えはアナタ自身が探すしかないのです。
もし、それを理解してもらえなくても、自分が良いと感じられる選択や行動をしてみて下さいね。

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711