The 10 Sustain-Abilities for Success 〜 成功に導く「持続可能力」〜 Part.1

3. The Heart of Motivation モチベーションの核心

私たちを動かし、またその先へと動かし続けてくれるのが感情です! 動いて動いて動き続けるためには、私たちの心が動かされていなければいけません。
普段、頭で考える事ばかりが過大評価されています。
感じて行動しましょう。

感情の波にうまく乗り、自然に、無理なく元気になりましょう。
何よりも大事なのは、自分の波を見つけてそれに乗る事です。

自分が愛する事をしなさい。
学識豊富なジブラーンはかつて言ました。
「仕事とは、“愛”」を目に見える形に表現することである」。

自分自身に5回「なぜ?」と質問してみて下さい。
なぜ今行っている仕事がしたいのかに対してすぐに5つの違う理由を述べる事が出来たとしたら、あなたは成功に導く強い願いと情熱と心の炎の波をしっかり捕らえる事が出来ています。

感情の海は、直線的で厳格に管理された力ではありません。
人生の自発的で無計画の波に乗る楽しみを味わう事が出来れば、あなた自身が波になり、人生の真の力である波を作る事が出来る様になります。
世間にはカオスの様な人だとか、生理整頓できない人、汚い、ADHD(注意欠陥多動性障害)、などと非難されるかもしれませんが、だから何? です。
全てエネルギーなのですから!

あなたの思考はこの様な生き方や働き方を非難するかもしれませんが、感情はとても知的です。
あなたの心臓は偉大なる一番の動かし手と繋がっていて、鼓動を打ってくれています。

それを信頼して耳を澄ませて下さい。
きっと人生のリズムのビートが聴こえてくるはずです。
心に従って生きるためには心が必要ですが、持続可能力を得るためには信仰が必要です。
物事の善性と正義と自分のフィーリングの実用性を信頼して下さい。

全ての感情は波です。

悲しみ、恐れ、などなど。
一人で、あるいは他の人と一緒に、それらを意識的に感じたり表現してみる事でそれらのエネルギーは変容し、あなたをポジティブな方向に導いてくれるでしょう。

怒りは力となり、失望は受容に変わり、悲しみは解放を促し、恐れはワクワク感となり、その他は全て平和をもたらします。
私自身も、イライラして動揺したり、がっかりしている時ほど最高のワークをする事がよくあります。
全てはエネルギーで、エネルギーは何かを生み出す力だからです。

 

4. Opportunity Thinking  チャンスとして捉える

成功に導く持続可能な道は「幸運思考」です。
それは、あらゆる人や全ての出来事を意識的に成長、学び、報酬、進歩、そして実現させるチャンスに好転してゆく事です。
幸運思考は、あなたが何に対してもオープンでいるように促します。
オープンでいる事は、人生の全てに対して「イエス」と言える様になる事です。
更に言うと、「ノー」も、その「ノー」を通して自分が究極的には何に対して「イエス」と言っているかさえ分かっていれば、「イエス」を言っているのと同じ事になります。
(この最後の一文はもう一度読んでみる必要があるかもしれませんね!)

私たちは、自分に用意されている全てのチャンスを事前に知ることは不可能です。
だからこそ、自分の直感的なフィーリングを大切にする必要があります。
偉大なる天才アインシュタインでさえ人生は「暗闇をずっと手探りで歩くようなもの」だと言っています。
自分の気づきの瞬間に絶えず耳を傾けていましょう。

直感で感じた事を行動に移すこと—私はこれを「intuaction (intuition直感 + action行動)」と呼びます—はエネルギーに満ちた考え方です。
知力は私たちのエネルギーの3分の1を占めているにも関わらず、私たちは疑いやネガティブ思考や皮肉でそれを無駄にし、消耗させ、汚染し、貴重な時間と機会を浪費しています。

しかしながら、「ゆっくり考える事」を軽視しないで下さい。

例えば、持っているお金をどの様に使えば良いかを決める時には確実に「ゆっくり考える事」が必要です。
なぜなら、お金は大惨事か誇大妄想を招くドラッグの様だからです。
まずは事実を収集し、時間をかけてしっかりと検討した上で、最終決断はフィーリングと直感に任せましょう。
そして自分の決断を信じて、先に進みましょう。

何事もチャンスとして捉える思考は、全てが上手くいき、最終的には全て自分が望んだ様に進むと信じる事で魔法は起きます。
ポジティブに信じ、たとえ信じる事が出来なくても、信じるのです!

自分自身と人生を信じるだけでなく、そういった考え方や態度を「身につけてしまう」事が大切です。
私は現在70代ですが、今までで一番若々しく、生き生きしていて、クリエイティブで、生産的です。
なぜなら、一般的に言われている老化というのは、ただの作られた逸話と思っているからです。
私は、日々自分を「若返らせている」と信じています。
私が今まで読んだ中で最も洞察に満ちた人類学者のアシュリー・モンタグは以前、著書「Growing Young(若返る)」に精神的気質がいつまでも若い人が最も適応力があり、長寿であると書いています。
なので、若々しい思考を持ち、失敗を恐れずに、全て良し、全て役に立つ、という考え方で生きましょう。

 

——To be continued — No.5以降のPart.2へ続く ——

 

ジェームズ・ワンレス博士は持続可能性に関するコーチ、コンサルタント、基調演説家、著者で、世界中でベストセラーとなった「Voyager Tarot(ボイジャー・タロット)」の創始者です。

【主な書籍】
Sustainable Life: The New Success
Sustain Yourself Cards
Intuition@ Work
The Fortune Formula Guided Meditations CD(魔法の実現の黄金律について)
Strategic Intuition for the 21st Century

 

《ジェームスワンレスさんの来日メニュー詳細・申込みはコチラ》
https://www.trinitynavi.com/products/list.php?category_id=272

 

《ジェームスワンレス さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/james-wanless-ph-d/?c=141253