人間は情報で出来ている! 〜 人間が持つ人工知能 〜 受け取った情報に気をつけよう

人間の人体は約60兆個の細胞で出来ていると言われているが、それは生物学的な話である。では、精神的には何で出来ているのか。それは「情報」なのである。どれだけ人間がネガティブな情報にさらされているか開運堂どんどんが警鐘を鳴らします。


情報

《人間は何で出来ているか》

人間は、約60兆個の細胞から成り立っていると言われて来ました。
近年の研究では、約37兆個だとも言われています。

いずれも、生物的な話で、ここではどちらが正しいかということには触れません。

しかし、わたしがここで言いたいことは、精神的、スピリチュアル的には、何で出来ているかということです。
何かを考えて判断するのは、すべて脳の記憶であると言って過言ではありません。
では、記憶は、何で構成されているのでしょうか。
それは、すべて情報なのです。
わたしたち人間は、情報から成り立っているのです。

 




《現代人の膨大な情報の量》

現代人の情報の量は膨大です。
古代ローマ人や江戸時代の人々とは比べ物になりません。
一説には、令和の時代に生きるわたしたち日本人が1日に受け取る情報の量は、17世紀のイギリス人(当時の世界最先端の国)が一生に受け取る情報量に匹敵すると言われています。
そして、その情報のほとんどがネガティブなものばかりです。
テレビ、ネット、新聞、雑誌などネガティブな情報で溢れかえっています。

情報

 

《人工知能の役割》

さて、話は変わりますが、ここで、人工知能の話をしましょう。
ネット企業では、何を購入したか、何に「いいね」を押したか、何を閲覧したか、個人個人の膨大なデータを収集し、興味のありそうなものをおススメしてくれています。
そういう判断をわれわれに代わり、瞬時に人工知能が判断をしているのです。
Google、Apple、facebook、Amazonなどのいわゆる「GAFA」という巨大IT企業はもちろん、すべてのIT企業が人口知能を利用しています。

 

《人間が持つ人工知能》

さて、わたしたち人間に目を移してみましょう。
何もしていないように見えますが、実は、驚くべきことをしています。
わたしには、人工知能なんてない。
あまり、賢いとは言えない。
考えるのは苦手だ。
なんて、否定してもダメです。
あなたには、人工知能をはるかに凌駕するものを持っているではありませんか。
そうです。
というものを……。

情報

 

《受け取った情報に気をつけよう》

あなたの脳が記憶した膨大な情報から興味がありそうなものをあなたの前に見せているのです。
つまり、記憶が再生され、現実化しているのです。
「好きとか」「嫌いとか」関係ないのです。
あなたが日頃、何気なく、聞いたり、見たりして、受け取ってしまった情報は、「自然知能=脳」により興味があるものに分類され、やがて再生されます。
これで、どれだけ情報が大切かおわかりでしょう。

あなたの人生は、受け取った情報から成り立っているのです。

ブログ「自分を愛する教科書」
https://ameblo.jp/jiaimethod/

 

《開運堂どんどん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/jiaimethod/?c=163943