『幻想の反映』~ 深き心の響き~ ビジュアライズメッセージ vol.8

皆さまこんにちは。
センスフィーラーHIMITOです。
すっかりと秋めいて季節の巡りを感じる時期となりました。

秋といえば 読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、行楽の秋、など意欲的な雰囲気が漂うイメージがあり、自然界では美しい色付きを魅せてくれる時期でもありますね。

その一方で 何故か秋になると郷愁を感じたり、人恋しくなったり、切なさを感じたりなど、そのような想いに駆られる方も多いのではないでしょうか?

過去を振り返ったり、思い返したりする中で再構築し、再確認するような時期にあたるのかもしれません。

再生の秋、生まれ変わりの秋、というのもこの時期のひとつとしてあるように思います。

どのように今と再生を繋いでいきますか?
少しペースダウンしてゆったりとした時間の中に心を置いてみてはいかがでしょうか。

そこで見つけ出したものは次の季節へ向かう大きな指針となるかもしれません。

 

 

「幻想の反映」

 

 

近すぎて見えないもの

 

遠すぎて見えないもの

 

見ようとすればするほど

 

限られた枠の中で

 

柔軟さを見失い

 

凝り固まった思考に

 

惑わされ囚われる

 

 

 

 

 

肩の力を抜いて

 

 

眉間のしわを拡げ

 

 

ゆったりと風に揺られ

 

 

瞳を閉じてみる

 

 

 

 

 

 

柔らかな日差しが

 

 

瞼を照らし

 

 

暖かい光で

 

 

優しく包み込む

 

 

 

 

 

 

静かに胸に手を当て

 

 

その温もりと響きを感じ

 

 

生きているということを

 

 

此処に実感する

 

 

 

 

 

 

その生命の中心は

 

 

常に観じながら

 

 

真に捉えている

 

 

 

 

 

見えないということが

 

 

幻想であり

 

 

その心の中に

 

 

はっきりと

 

 

映し出されていることに

 

 

気づくだろう

 

 

SenseFeel ~ HIMITO

 

《HIMITO さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/himito/?c=159925