4月スピリチュアルメッセージ — 新元号『令和』時代を迎える私たちの使命、桜舞い散る季節にこの生命を輝かせよう

元号

時代が変わり、新しい季節を着替える4月 — ツイン最終結集完了のロスタイム期間

いよいよ、2019年の新年度を迎えました。
先月は卒業や退職により感慨の涙を流した方も、今月より新たな環境への入学、入社で高鳴る思いを確かにしておられるのではないでしょうか。

天皇陛下の譲位により、新元号『令和』が発表されました。
帝(みかど)の代替わり、新たな時代の幕開けに、龍体としての日本も、大きな社会構造の変化を余儀なくされています。
また、それはこの国を構成する日本人一人ひとりの感情にも、大きな揺さぶりを齎すようです。

天王星の牡牛座入りに水星逆行、そして春分、宇宙元旦と、3月の天体はまさに激動でした。
ツインレイ、ツインフレーム、ツインソウルの最終結集が予定されていましたが、三次元ではタイムラグの関係で、未結集のツインは今月、肉体が再会する可能性が高いようです。
まさに、サッカーの試合終了後の“ロスタイム”期間と言えるでしょう。

11日までの全惑星順行期間は、スムーズにソウルファミリーの再会を後押しします。
4月19日の20時12分には先月に続き、再度の天秤座での満月。
ここで前世の無念、やり残し、完全に浄化し、新しい環境にそれぞれが飛び込んだことで新たな“ご縁結び”も、演出されてゆきます。
まさに“魂の再会祭”とも言える、エキサイティングな1ヶ月となりそうです。

 

ルノルマンカードによる月間リーディング — 環境の激変に伴う出逢いが、充実した恋愛や妊娠に繋がる暗示

3月末日に、4月の月間リーディングをルノルマンカードの3枚引きで占いました。
出たのは、『花束』『道』『コウノトリ』のカード。

ルノルマンカード

時代の大きな節目を前に、私たちは今、大きな人生の岐路に、佇んでいます。
しかし、どのような選択を採ったにせよ、その先には、胸中に湧き上がる希望を、感じる時です。
花束のカードには、祝福や感謝の気持ち、充実した恋愛といった象意があります。

入学した大学の同級生やサークル仲間、または入社した会社の先輩や同僚と、早々に楽しい恋愛が始まるかもしれません。
コウノトリのカードは引っ越し、環境の変化を表すので、まさにこの時期の象徴とも言えるカードですが、同時に新しい家族や妊娠も表すカードですので、結婚に直結する出逢いとなるかもしれません。
或いは既に結婚しておられるご夫婦には、待望の懐妊というイベントに恵まれる可能性が高いと言えるでしょう。
新しい季節への胎動は、そのまま新しい生命の胎動へと、繋がっているかもしれません。

 

亡き先人の思いを継ぎ、そして次代に命を繋いでゆく — 桜が舞い散る季節に、生きていることの尊さに思いを馳せる

今から800年前、『方丈記』を著した随筆家・鴨長明が、こんな歌を詠んでいました。

春しあれば 今年も花は咲にけり

散るを惜しみし人はいづらは

春になると、去年までと同じように、今年も桜の花は咲いたのだなぁ。
それなのに、散るのを惜しんだ人はどこへ行ってしまったのだろうか。
今はもう、この世にいないのだ—

私はこの2月から3月の間に、立て続けに知人の訃報に接しました。
一人は、小学生時代に担任だった恩師。
92歳の大往生でした。

もう一人は、中学生時代の同級生。
心不全で、42歳の若さでの急逝でした。

そして最後は、大学時代に共に政治活動をした、元議員秘書の男性。
自動車事故で、51年の生涯を閉じました。
まだ、7歳の娘さんを遺しての、早すぎる旅立ちでした。

3人とも、ここ10年以上は疎遠になっていましたが、訃報を聞き、もう一度会っておけばよかったと後悔しました。
どの方も、私の前半生の思い出深い場面を彩ってくれた、忘れ得ぬ存在でした。

ルノルマンカード

去年のこの時期、どこかで咲いた花を観ていたあの人も、次の年には、もうこの世には、いないかもしれない。
そう思うと、春の一瞬だけ咲き誇り、すぐに散ってゆく桜の様を、どうしても人間の人生に、重ねてしまうものです。

私たちは、新たに『令和』という時代を迎えます。

『令和』という時代を迎えることがなかった先人の魂に思いを馳せつつ、自分はどういう生き方、生き様を、次の世代に残してゆくべきか。
そのことを考え続ける連続が、己の命を大切にするということかもしれません。

会いたい人には今月、会っておきましょう。
この時期に出逢う人は、間違いなく前世でも出逢っていた、魂で結ばれた強いご縁のソウルメイトであるはずです。
自分の勇気ひとつ、言葉ひとつで、未来を変えることができます。
生きているからこそ味わえる愛の喜び、夢の実現を、噛みしめる1ヶ月としましょう。

あなたの人生で、間違いなく記憶に残る1ヶ月となるはずです。

心して、『平成』という時代の終焉と、あなたの人生の『再生』を、迎えましょう。

皆様にとって素敵な季節のはじまりとなるよう、祈念しています。

(了)

姓名学者・八田運命総合鑑定所主宰/八田靖彦

 

《八田靖彦(はったやすひこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/hatta/?c=138853