波動と引き寄せ 〜 引き寄せって、本当は「引き寄せ」ではない……!?

引き寄せって、本当は「引き寄せ」じゃないということを
そろそろ気づいてほしい(笑)。

 

引き寄せって表現としては半分あっているよね、という感じ。

先日私がパーソナリティを務めるラジオでもちょっと話したけど
私たちにはたくさんのパラレルワールドがあって、

それはちょうど
「私」という銀河にたくさんの星が浮かんでいて
それぞれの星には
それぞれの世界がある。

とイメージするとわかりやすいかもしれません。

私たちはそのたくさんある星の
どの世界を体験するかを選べる

ひとつひとつの星にそれぞれの現実があり
それは全て同時に存在するというのがパラレルワールド。

だから引き寄せる、
つまり星を自分のところにひっぱってくると考えるよりも

自分が好きな星(=望む現実がある場所)に飛ぶ!
とイメージする方がわかりやすい。
(本当はこれも正確ではないから、詳しくはまた後日)

この「好きな星に飛ぶ時」に関係するのが波動

私たちは「波動」という名前の宇宙船に乗って
宇宙を旅している、とイメージしてみて。

高速で飛ぶ宇宙船もあるし(=波動が高い、軽い)
ゆっくり飛ぶのもあるし(=波動が低い、重い)
ふらふらしてるものある(思考や感情が定まらない)。

もちろんゆっくり飛んだっていいし
時にはふらふらしちゃったっていい。

波動に(宇宙にも!)良い悪いはないし、
好みの問題もあるし
ゆっくり飛ぶことが必要な体験である場合もあるから。

いずれにせよ
自分の波動が自分の行き先と
そこに向かうスピードを決めるんだな~ということを
何となく理解して下さい。

 

世界を動かすのは波動。

あなたが言っていることではなく
あなたの波動でどこの星にどのくらいの速度で飛ぶのかが決まる。

つまりあなたの波動で
何を引き寄せるのか、
どんな現実を体験するのかが決まる。

あなたが火星の波動だったら
木星の現実は体験できない。

例えば、口では
「嬉しい~、ありがとう~」と言っていても
本当は
「むかつく!」と思っていたら
むかつく! という波動の現実を体験する。

宇宙はごまかせない。
そういうこと。

それがダメじゃないのだけどね。

現実を作るのはあなたの波動
というお話。

だからあなたが体験したい現実の波動に
自分がなっておくことが大事なのですよね。

五次元ティーチャー美月結でした。

 

美月結がパーソナリティを務めるインターネットラジオ番組
「五次元ラジオ」
http://honmaru-radio.com/goldendrops0001/

 

《美月 結 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/goldendrop/?c=93250