木内麗子のイギリス HAPPY☆探し 第85回★イースターのお祝い

イースター

第85回★イースターのお祝い

イースター(復活祭)はイエス・キリストが十字架にかけられた3日後に復活されたことを祝う、伝統的なお祭りです。
毎年日付が変わる移動祝祭日ですが、キリストが復活したのが日曜日とされているため、今年は2月17日〜4月3日までが四旬節(英語ではLent)、そして4月4日(日)がイースターになります。
生命や復活を表す卵をカラフルにペイントした「イースター・エッグ」はじめ、復活祭の卵を運んでくると言われるウサギの「イースター・バニー」を飾ったり、子供達はさまざまな場所に隠された卵(卵の形をしたチョコレートが定番)を探す復活祭の風物詩「イースター・エッグハント」を楽しみます。

イースター

 

そんなイースターの語源は、神話に出てくる春の女神「エオストレ(Eostre)」に由来しているとも言われており、奇跡の復活とともに春の訪れもお祝いします。

 

イースター
イースター・エッグハントでも人気のキャドバリー社のクリームエッグ。その原型は1923年にまで遡り、正式には1971年に誕生したのだとか。英国で長年愛されてきたチョコレートなんですね。こちらはミニサイズ。

 

イースター
十字(クロス)のマークが付いた「ホットクロス・バン(Hot cross bun)」もイースターに欠かせない伝統的な食べ物です。この時期はドライフルーツやシナモンなどのスパイスを生地に混ぜ、ふっくら焼いた定番のものから、イチゴとホワイトチョコレート入り、塩キャラメル風味などさまざまなフレーバーのホットクロス・バンも並びます。

 

《木内麗子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/kiuchireiko/?c=51968