木内麗子のイギリス HAPPY☆探し 第72回★絆が育んだチョコレート

イギリス

第72回★絆が育んだチョコレート

2月といえば大切な想いや感謝の気持ちを込めてチョコレートやギフトを贈るバレンタインの季節ですね。

そこで今回はチョコレートのなかでも、夫婦の絆によって生まれた美味しいチョコレート、そしてチョコレート関連の飲み物をチェックしてみたいと思います。

イギリス

 

まずは「グリーン&ブラックス(GREEN & BLACK’s )」。

1991年にイギリスにてクレイグとジョセフィン夫妻によって設立されたオーガニック・チョコレート・ブランドです。
こだわりのオーガニック・カカオ豆を贅沢に使用したチョコレートは、甘い香りとなめらかな口溶け、そして濃厚な味わいが魅力。
そんな「グリーン&ブラックス」のココアは、香り高く深みのある本格派ココアとして愛されています。
生産者をサポートするフェアトレード認定も付いており、作る人と味わう人双方を幸せに導くチョコレート・ブランドです。

次はアメリカ人のヘンリーとフィンランド人のレイラ夫妻によって生まれた、インスタント・フレーバー・コーヒー「リトルズ(LITTLE’S)」。
厳選されたアラビカ豆を焙煎し、甘いバニラや香ばしいナッツなどの風味を香り付けし、その日の気分に合わせて楽しめるコーヒーを多彩に展開しています。

なかでも「リトルズ・スイス・チョコレート」は、チョコレートとコーヒーの程よい甘味とコクが織りなす絶妙なハーモニーが楽しめます。

砂糖や合成香料不使用、1杯4カロリーなのも嬉しいポイント。
他にもチョコレート・チャイ、チョコレート・キャラメル、ハバナ・ラムなど多彩なフレーバーを揃えています。

愛の誓いの日バレンタインは夫婦の絆が育んだ、甘く温かい飲み物で幸せな気分を味わって。

 

イギリス
英国ハーブティーメーカー「パッカ(pukka) 」のオーガニック・ラテ、カカオ・マカ・マジック。古くからアーユルヴェーダにも使われるハーブ・アシュワガンダとチョコレートがブレンドされたラテ。砂糖不使用なので、甘いものが苦手な人でもカカオを存分に楽しめる美味しさ。

 

イギリス
2015年創業の英国生まれのチョコレート・「チョコロジック(Choco logic)」。まろやかな甘さとなめらかな口どけが楽しめるチョコレートなのに、砂糖不使用!

 

《木内麗子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/kiuchireiko/?c=51968