並木良和さんインタビューvol9【基本のグラウディングワーク】

並木さん

皆さん、こんにちは。
前回に引き続き、いま話題のスピリチュアルリーダー、並木良和さんのインタビューをお届けします。

 

グラウンディングするワーク

記者 おすすめのグラウディング方法を教えていただけますでしょうか?
並木さん 基本のワークがあります。

① あぐらや正座ではなく、両足を床につけて、軽く目を閉じ、顎を軽く引きます。
背筋を自然にのばし、軽く目を閉じ、顎を軽く引き、肩の力を一回いれて抜きます。
肩と肘の力は抜いて、手は組んでおきます。
② 尾てい骨に意識を向けながらしばらく深呼吸を続けます。
尾てい骨のところに、ソフトボールくらいの光の球体をイメージするんです。このボールの意識を集中して深呼吸を続けます。
③ 少し時間を取って、しっかり意識が向けられたら、光の球体から地球の中心まで光のコードをスーッと伸ばしていくんです。
椅子の座っていたら、椅子を突き抜けて、床を突き抜けて、地面を突き抜けて、まっすぐ地球の中心に伸びていくってイメージします。
そして、地球の中心にコンセントみたいにガチっと繋ぐか、吸盤みたいベタッとくっつけるか、地球の中心にぐるぐる巻きつけるか、なんでもいいので自分なりに地球の中心と自分の尾てい骨を繋げるんです。
これだけでエネルギー的に地球と自分が繋がることになるんですね。

並木さん

 

もっとやってみたかったら

ストレスや緊張、疲労、ネガティブな感情や思考を真っ黒い煙でイメージするんです。

呼吸をしながら、吐く息で、真っ黒い煙がコードをつたって地球の中心に瞬く間に流れていく。
地球の中心に到達すると、そこでクリアに浄化されて、ものすごいキレイな真っ白い光になって……つまり使えるエネルギーになって、また吸う息でコードをつたって自分の身体に満ちてくる。

これを何往復かするんです。また身体に意識をむけて、真っ黒い煙で吐き出して、真っ白い光にして還す。
また真っ黒い煙で吐き出して、真っ白い光にして還す。

こんな風にやっていると、しっかりとグラウディングされて、エネルギーが循環されるようになります、
これ、繋いでおけば今言ったことが自然に起きるんです

ストレスや緊張、疲労が発生するとスーッと流れ始めるんです。そして使えるエネルギーになって自動的に戻ってくるんです。だから、勝手にエネルギー供給されるので、疲れなくなってきます。

ただ最初は外れやすいので、精神的にショックなことがあったり、地震が起きると外れたりします。また、繋ぎなおせばいいです。

記者 これは、一日のうち、外れたかも? と思ったら、何回でも繋ぎ直せばいいですか?
並木さん そうです。外れたら、なんか集中ができないな、そわそわしてきて落ち着かないな、ってなります。全然考えがまとまらないし、イライラするなってときは外れてますから。
朝起きたときに、繋ぐと一番いいですね。そうすると目覚めが良くなります。僕たち寝ている間って
意識が離れているんですよね。幽体離脱って言ったりしますけど。
戻りが甘いとボーっとするんですよ、その時にグラウディングするとスッと自分に戻るのでいいです。
物忘れが無くなったり、直感力が働いたり、いろいろ利点があります。

記者 いやー、ほんとうにグラウディング大切ですね。
並木さん そう。タダだし道具もいらないでしょ。一日のうち、最初は2、3回やるといいです。やっていけばそんなに時間はかかりませんから。どこででもできますしね。

次回、並木さんインタビューvol10 【空間を浄化するワーク】についてお届けします。

並木良和さんのインタビュー記事一覧は藤原マリの記事一覧からご覧ください。

 

『並木良和さんプロフィール』

並木さん

スピリチュアル・カウンセラー&作家。2006年より神界と天使界の導きによりスピリチュアル・カウンセラーとして活動を始める。宇宙の叡智やスピリットガイドたちと協働しながら「本来の自分」に一致して生きるための「統合(LDLA)」を伝え、本来の人間が持っている能力や生き方、そして目醒めた状態で人生を謳歌する「在り方」を、自らの体験を通して国内外を問わず世界に教示している。

12月22日(日)開催!
スピリチュアル・カウンセラー並木良和
「冬至の日」スペシャル講演会

https://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=2638

並木良和さん公式HP
https://namikinfinity.com/
株式会社ハートニクスHP
http://heartniks.com/

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299