自己肯定感を上げる — 自分を知るワーク — 愛もお金も引き寄せる人の「秘密」

この世は「空」であり、この現実は私達が創り出している幻想です。

あなたはあなたの考える自己像(セルフイメージ)通りの現実を日々創り出しています。

自己肯定感とは、自分を認められる力です。
それはまさに力(パワー)だといえます。

自分を認められる人は他人も認められ、出来事を肯定的に捉えられ、夢を積み重ねていける人です。
でも、誰でも疲れたり、凹んだりしたら、そのパワーが落ちてきますよね。

子どものころに、そのパワーをずっと抑えられてきた人、根こそぎもぎ取られてしまった人、今たまたま落ちている人も、そのパワーを取り戻しましょう!
誰もが、必ず持っている力、必ず持てるはずの力です。

正しい自己肯定感は、自己像(セルフイメージ)を確実に上げ、どんどんよい引き寄せを加速させていきます。

 

まず、自分を知ろう!

自己肯定感を上げる方法はいくつかあって、クライアントによって様々な方法を採用しているのですが、私のブログにはそれを自分でできるワークとしてシリーズにして書いているのでぜひ読んでみてください。

今回はまず自分を知るワークです。
あなたは自分のどんなところが好きで、どんなところが嫌いですか? どんな長所があり、どんな短所がありますか? ノートの見開きを開いていただき左ページにあなたの嫌いなところや、短所と思われるところを書いてみてください。

次に右ページにあなたが好きなところや長所を書きましょう。
できるだけたくさん書いてください。
ノートの見開きを全部埋めるつもりで。

ノートの見開きページは全部埋まりましたか?
その見開きをゆっくり俯瞰して見みると、左右のページの関連性が見えてくると思います。

クライアントにもやってもらうと、「嫌いなところはいくらでも出てくるのですが、自分の好きなところやいいところがひとつも書けません。」という人が意外と多いのです。
そんな人は左に書いたことを肯定的な表現にして右ページに書いてみてください。

例えば

人の顔色ばかり窺ってしまう。 → 人の気持ちがわかる。空気がよめる。
自分の意見が言えない。 → 相手の意見を尊重できる。

という感じで。

 

間違いなくあなたはその両方を持っているはずです。

両方のページを眺めてみると、あなたの嫌いな部分はあなたの魅力的な性格の一部でもあると気づくと思います。
マイナスに出れば短所にプラスに出れば長所に、人の性質は一つに留まらず瞬間ごとに液体のようにぐるぐると変化し、あなたという唯一無二の個性を創っています。

つまりあなたの短所は長所であり、嫌いなところはあなたの魅力です。
そしてあなたは他の誰もまねできないオリジナルな存在です。

自己を肯定するとは、何かになることでもなければ、何かが優れていることでもありません。
テストで100点を取らなければ獲得出来ないわけではなく、30点でも持つことができます。

自分は今の時点では30点だとキチンと受け止められる力です。
受け止めて現状を認めることによって、それから次にどこをどう努力すればもっとよくなるのかを考えることができます。
今の時点での自分を認め肯定できなければ、次の努力の方法を見つけその上に夢を積み重ねていくことができません。

正しい自己肯定感とは夢を積み上げていく揺るがない土台でもあります。
そして夢を引き寄せるための自己信頼という力強い原動力であり、セルフイメージを創り出す基なのです。

今日も読んでくださいましてありがとうございます。
あなたがあなたを愛せますように。

さくらあくり

 

《さくらあくり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tef2sakura2/?c=157526