誰もがサイキック~霊能力&チャネリング能力を正しく知り、正しく使おう

「霊能力」は一部の人だけが持つ特別な能力だと思っていませんか

「霊能力者」と聞くと、あなたはどんなイメージを抱くでしょうか。
枕元に死んだおばあちゃんが座っていたとか、守護霊様が後ろに立って話かけてきたとか、オーラが見えたとか、そんなイメージではないでしょうか(私はそうでした)。

また、チャネリングと聞くと天使や神様のような存在がチャネラーには「見えて」いて、「話しかけてきて」いる(それこそ親や友人と会話するかのように)、更に「自分の意思とは関係なく口が動いたり、タイピングしたり筆記したりしてしまう」と思っていらっしゃる方もいるかも知れません。

そうなると殆どの人にとって、霊能力とは自分とかけ離れた世界、まるでコミックや映画の世界のように感じられてしまうと思います。

過去に一度や二度、あるいはしばしば不思議体験や神秘的な体験をしたことがある方もいると思います。

でも職業として「霊能者」として生きるということは、一体どういうことなのだろうか、ああいう不思議な体験をしょっちゅうしているのだろうか……!? と思ってしまうのではないでしょうか。

私は過去、スピリチュアルな事柄にはじめて興味を持った時、「私も天使が見えるようになりたい」「オーラが見えるようになりたい」ととても思ったものです。

しかし本などを読んで書かれた通りのエクササイズを行っても、神秘の世界を垣間見るような体験は全くありませんでした。
だから「私は凡人。霊能力なんてないんだ。」と諦めて過ごしていたのです。

 

本当の霊能力はとても繊細で微細なもの

でも今は色々な経験と学びを積んで、霊能力とは必ずしも全てがドラマチックなものではない、むしろ大半は「地味」で「とても繊細」「微細」なものだとよくわかっています。
そして「霊能力がない」と口にするのは、今この文章を読んでいるのに「私、生きていない」と口にするのと同じくらい、奇妙なことだとも感じます。

誰もが霊能力を持っていて、誰もが既にサイキックです。

そして誰もが既にその力を使っています。
「霊能力者」は、あなたより少しだけその力が“尖っている”だけです。あなたも正しい知識を知り、意識して使っていけば、彼らと同じかそれ以上の能力を開花させていける可能性は高いのです。

今活躍している著名なサイキックやヒーラーのなかには、幼少期から能力の萌芽があった人もいますが、大人になってから地道な訓練で能力が開花していった人もたくさんいます。

また、どちらであっても、しっかりとした訓練をして洗練させなければ正しく使うことは出来ません。

 

霊能力は特別なものではない。正しい知識と、誠実に取り組むことで誰もが開花できる

世の中には正しい知識がないために能力を磨くコツがよくわかっていなかったり、ちょっとしたことを霊能者に当てられたりしたことで、すっかり彼らの言うことを鵜呑みにしてしまう方、依存してしまう方もいるようです。

私はまずご自身に力があることを信じて欲しいのです。
私は、あなたもサイキックやチャネラーになれると自信をもって言えます。
天使やスピリチュアルガイドからのメッセージは、自分で受け取れるのです。
正しい知識を知り、熱意をもって誠実に取り組めば、必ず能力は開花していきます。

サイキック能力やチャネリング能力を磨くことで、ご自身の人生をより洞察に満ちたものにすることが出来ます。また、セラピーやヒーリングに興味があるなら、これらを一種の技術として磨くことは、仕事として行ううえで大きなサポートになるのは確実であると思います。

途中で他の記事が入ることもあるかも知れませんが、これから何回かにわけて、霊能力の強め方やチャネリングについて、よい霊能者の見分け方などについて、書いていきたいと思います。
良かったらお読みくださいね!

ホームページBlossom
https://www.blossomcareroom.com

 

《中村 恵子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/healingbeauty/?c=159999