清々しく心地よい部屋で生活しよう! 〜 アロマでコロナ対策を〜

アロマ

こんにちは、RIRIです。

まだまだコロナの影響が続きそうですね。
テレワークや休校、春休みなどにより、家の中で過ごす時間が増えそうです。

長時間、家の中で過ごしていると、家の空気がどんよりしてしまいます。
空気の入れ替えを頻繁にすればいいのですが、花粉も気になります。

 

こんな時だからこそ、アロマを大活用させていきましょう!!

天然成分の植物本来のいい香りを嗅ぐと、私たちはポジティブな反応をします。
どんより落ち込んでいた心が、すっと晴れて、明るくなります。
やる気が出なくてぐだぐだ状態から、起き上がってなにかやろう! という気持ちが持てるようになります。
部屋の空気が重たく感じていたのが、明るくキラキラ輝いた部屋になります。
大自然の植物のパワーが私たちをサポートしてくれます。

ハーブによって効能が違います。

今回は、抗菌性、抗ウイルス性、抗感染性の成分を持つアロマをご紹介します。
アロマの効能をうまく活用して、心地よいお部屋の中で、コロナを乗り越えていきましょう。

アロマ

・ペパーミント
歯磨き粉やタブレットなどで馴染みのある香りです。
清々しくスッと目が覚める力強い香りは、気持ちの切り替えにぴったりです。
日常、よく使用している香りなので、子供から大人まで受け入れやすいでしょう。
テレワーク、勉強など集中したい時にデュフューズすると効果的です。
レモンとブレンドすると、集中力、記憶力、暗記力などがアップします。
抗菌性、抗感染性、抗真菌性があり、風邪やインフルエンザにも力強い味方です。

・ユーカリ
清々しく爽やかな香りで、喉の痛みや鼻詰まり、花粉症の方にぴったりなアロマです。
大自然の中で思いっきり呼吸をして、すっと心が晴れていく感覚を与えてくれます。
マスクに1滴垂らしてあげると、鼻の通りがよくなります。
ラディアータ、グロビュラスのどちらにも、抗菌性、抗バクテリア性、抗ウイルス性があります。

・ローズマリー
少し強めのスッとしたグリーンとウッディーな香り。
抗真菌性、抗バクテリア性、抗菌性があり、精神のバランスを整えてくれます。
髪の毛のトリートメントや頭皮マッサージにおすすめのアロマです。
近年まで、フランスの病院では、空気を殺菌するためにローズマリーを使用していたようです。

・サイプレス
心落ち着く優しい香りで、リラクゼーションにぴったりなアロマ。
血液の循環、神経系の働きを助けるだけでなく、抗感染性、抗ウイルス性、抗菌性があります。
不安や心配に包まれてしまった時、精神が不安定な時、寝る前のマッサージ、就寝中などにおすすめです。

・タイム
とても力強い香りで、あまりデュフューズに向きませんが、強い強い抗殺菌作用、抗ウイルス性、抗真菌性があります。
お肉料理などにタイムのハーブを使うのもいいかもしれません。
筋肉を和らげてくれるので、疲れている時、運動後、筋肉痛、肩こりなどのマッサージなどに使用するといいでしょう。
エジプトでは、ミイラの防腐処理に使用していました。

・クローブ
チャイティーの香りと言えばわかりやすいかもしれません。(チャイティーに使われています)
高い抗菌性、防腐性を持っており、包み込むような力強さは落ち着きと勇気を与えてくれます。
テルテナ島では、島中に繁っていた頃は、伝染病が流行ることがなかったが、クローブを刈ってから伝染病が流行してしまいました。

アロマ

 

これらのアロマをお部屋にたっぷりデュフューズしてみましょう。

広さにもよりますが、5滴〜10滴ほどがおすすめです。
アロマの効能を受け取るためには、1、2滴ではなく、たっぷり使うのがポイントです。

デュフューザーをお持ちでない方は、小皿に熱いお湯(ポットのお湯でOK)を入れ、そこに5滴〜10滴ほど垂らしましょう。

抗菌性などの効能を持つオイルは、スッとした爽やかであり、力強いオイルが多いです。
寝る前に使うと頭が冴えてしまう可能性があります。

寝る時のおすすめは、サイプレスです。
ラベンダーとブレンドすることで寝る時に使用しやすくなります。(ラベンダーが8割以上)

小さなお子様がいるご家庭では、柑橘系のアロマとブレンドしてあげるといいでしょう。(柑橘系7割ほど)
お子様は、オレンジ、グレープフルーツ、タンジェリン、レモンなどの香りが大好きです。

あなたの生活スタイルに合わせて、アロマを活用して、心地よいお部屋作りをしましょう!

RIRI

 

Atelier RIRI 〜スピラジオ毎日配信中〜
https://atelier-riri.com

 

《RIRI さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/atelierriri/?c=134643