絶対叶える! 願い事の書き方〜自分の言葉で、一番しっくりくる表現をベースに……3つのポイント

こんにちは、ヒーラー&チャネラーのRIRIです。

新年を迎え、今年の願い事を考えている方もいるでしょう。
新月の願いを書いている方も多いでしょう。

願いを書くときにちょっとしたポイントを押さえておくだけで、願いが叶う率がぐ〜〜んと上がるコツを教えます。

この書き方をしていると、だんだんと意識の変化も起こり始めます。
意識が変わり始めると、願いが叶う方向へ進み出します。

 

書くだけで進み出す! なんて素晴らしいスタートでしょう!

はじめに重要なポイントを教えちゃいます!
これは、本当にどんな言葉よりもパワーがあるのでフル活用しましょう。

それは、「自分の言葉で、一番しっくりくる表現にする」ということ。

自分の言葉(魂の言葉)は、とても強力なエネルギーを持っているからです。
誰かの真似でなく、誰かが言ったからでなく、自分から発している言葉には力があります。
言霊というように、言葉に霊力が宿ります。

それでは、「自分の言葉で、一番しっくりくる表現」をベースに3つのポイントを使っていきましょう。

ポイント1
ポジティブな表現にする

神なるもの(宇宙)は、全ての感情、思考、言葉、エネルギーを具現化します。

具現化して欲しい状態をそのまま言葉にします。
願いが叶っている時のあなたを想像してみてください。

ネガティブな表現を使っていると、ネガティブなものをそのまま具現化してくれます。
それも見事に!

「○○の心配がなくなりますように」という願いは、「○○の心配がある状態」を叶えてくれ、そして、心配がなくなればいいなぁ〜という状態を叶えてくれます。
言葉通り、そのシーンを叶えてくれるんです。

つまり、願いは叶っている! 心配があるという状態を見事に!

最初は、え? って思いますよね。
宇宙の法則がわかってくると、だんだんしっくりくるはずです。
騙されたと思って、ポジディブな表現にしてみましょう。

日頃から、ポジティブな表現に慣れていることも大切です。
ネガティブな表現ならスラスラ出てくるのに、ポジティブに置き換えると言葉が出てこない! なんてことにならないように。

ポイント2
完了形または現在進行形にする

ポイント1の応用です。
そうなっていない状態を言葉にするのではなく、
すでに手に入れている形、すでにそうなっている状態、それをやっている表現を用います。

例えば、
「私は、セドナにスピリチュアルな探求旅行をしています。」
と書くと、セドナに旅行に行き、スピリチュアルな探求となる何かをやっている状態が叶います。
まさに、叶えたかった状態ですよね。
旅行先で、そう言えば年初めにこんなこと書いていたなぁ〜とハッと気が付いたりします。

「○○が叶いますように」「○○になりますように」というのは、叶っていない状態で使う表現です。叶っていないことを宣言してしまっています。
当たり前に使う言葉ですが、実は願いを叶えにくくしてしまっている表現だったんです。

ポイント3
手で書く

手には、与えることと受け取ることの能力があります。
手で書くということは、願いを与えることになります。

自分に与える、それを与えることです。
つまり、「私は、ヒーラーとして活躍しています」を与える。

同時に受け取ってますよね。
願いをすでに。
あなたの手にある、与える能力、そして、受け取る能力を活用する

手で書けない方は、ご自身なりの書き方でかまいません。
そこに手と同じパワーが備わっています。
与える、受け取る能力を手ではないやり方で、磨き、身につけていますのでご安心ください。

 

抵抗やブロックがあると、いい表現が出来上がってもしっくりこないことがあります。

いい表現に自分が合っていくことをコミットして、その表現に決めてもいいでしょう。
少し言葉を変えて、例えば、「私は、○○に取り組む準備ができました」というような、前段階の願いにしてもいいでしょう。
そうすることで、無理なく、願いを叶えるステップを踏むことができます。

あなたの言葉には本当に力強いパワーがあります。
あなたオリジナルの言霊です!

自分の言葉で、しっくりくる表現を使い、ポジティブな表現、完了形または現在進行形になるように願いを書いていきましょう!

RIRI

 

Atelier RIRI 〜チャクラクリアリング受付中〜
http://atelier-riri.com

 

《RIRI さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/atelierriri/?c=134643