9月29日【ミカエルマス】大天使ミカエルの日〜エンジェル・ナンバー「929」とは〜

みなさま、こんにちは! エンジェリック・セラピストの373(みなみ)です。

9月29日は、みんな大好き、大天使ミカエルの日!
カトリック教会では、大天使ミカエルを祝う祝祭「ミカエルマス」だそうです。

天使好きの方にとっては、はずせないスペシャル・デイですね♪

 

■大天使ミカエルって?

大天使ミカエルとは、他の大天使たちをまとめるリーダー格の大天使で、大天使の中でも最も神に近い存在とされています。大変頼りになるイケメンマッチョなミカエルは、勇気、守護、浄化を司ります。英語表記だと「Michael」で「マイケル」と発音します。マイケル・ジャクソンのMichaelですね。

 

■エンジェル・ナンバー「929」

では、ミカエルマスの9月29日を、エンジェル・ナンバーで見てみましょう。

おっと、その前に。
「エンジェル・ナンバー」ってなに?

という方のためにご説明致しますと、天使は、日々、様々な形で私達にサインを送ってきます。ふと足元に落ちてきた羽根だったり、切れかかった蛍光灯のピカピカ点滅する光だったり。そしてその中でも「数字」でメッセージを送ってくるケースがあります。それがすなわち「エンジェル・ナンバー」です。

=============

◎エンジェル・ナンバー「929」の意味は……

この星での目的を果たすために授かった能力を生かす時がやってきました。あなたの聖なるミッションは今、時代から、そして周りの人々からとても必要とされています。魂の目的に専念し、キャリアを重ねていけば、天の采配により全てはうまく取り計らわれます。

=============

くぅぅぅ~~~ 素晴らしい!
さすがミカエルですね!☆彡

 

■ミカエルマスの「マス」とは?

さて、気になるのが、ミカエルマスの「マス」。
「マス」って一体なんなんでしょうね?

クリスマス(Christmas)にも「マス」がついてマスよね。笑 実はこれは、Christmas=Christ(キリスト)+mas(ミサ)なのだそうです。

ミサ(mas)とは、カトリック教会で行われる最も重要な典礼儀式で、起源は、レオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた「最後の晩餐」だとか。パンとワインをキリストの血肉とし、謹んでそれを分け与えていただく、聖なるパワーの伝授セレモニーですね。

従って、ミカエルマス(Michaelmas)も、Michael(ミカエル)+mas(マス)で、ミカエルに感謝を捧げ、パワーを分け与えていただく聖なる祝祭日ということが言えるでしょう。

 

■9月29日はクリーニングの日

さらに、9月29日は「ク(9)リーニ(2)ング(9)」で、「クリーニングの日」だとか。1982年に全国クリーニング環境衛生同業組合連合会によって制定されたそうです。大天使ミカエルの重要な役割に「浄化」があるので、「クリーニング」は、まさにシンクロですね。笑

 

■9月29日は洋菓子の日

フランスでは、大天使ミカエルは、なんと菓子職人の守護聖人で、「サン・ミシェル(大天使ミカエル)」というケーキがあり、ミカエルの祝日である9月29日は「洋菓子の日」とされているのだとか。

いつもピカピカの愛の剣を携えている大天使ミカエル。デコレーションのナイフさばきやケーキカットは、さぞかし鮮やかなことでしょう。笑

それにしても、「サン・ミシェル」というケーキ、どんな形をしているのでしょうね? ご賞味された方、おられますか? あの世界遺産「モン・サン・ミッシェル修道院」のように鋭くそびえる山型でしょうか? 一度見てみたいものです。

というわけで、9月29日は、どちら様も、是非、イケメンマッチョな大天使ミカエルとつながってパワーを分け与えていただきましょう♪ そして、ご自身のミッション・コンプリートに向けて、クリーニングとケーキで? 有意義にお過ごし下さいませ☆彡

―*―*―*―*―*―*―*―*―

大天使ミカエルや他の大天使と、さらに深く強力につながりたい方におススメ!

★ミカエルマス★特別企画★
大天使アチューンメント

⇒詳細・お申し込みはこちら♪

―*―*―*―*―*―*―*―*―

 

《373 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%EF%BC%93%EF%BC%97%EF%BC%93/?c=88507