7月25日【時間をはずした日】の恩恵を最大限に受け取る方法

どちら様も、自然と織りなすオーガニック・ジャーニー「時間をはずした日」をお愉しみ下さいませ。
7月25日【時間をはずした日】の恩恵を最大限に受け取る方法

みなさま、こんにちは!
エンジェリック・セラピストの373(みなみ)です。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

7月25日は「13の月の暦」で「時間をはずした日」ですね。

 

■「13の月の暦」とは?

「13の月の暦」は、マヤ暦研究の第一人者であるホゼ・アグエイアス博士夫妻の研究によって提唱された太陽暦です。

1ヶ月28日、1年13ヶ月で構成され、女性の月経周期が約28日であることなどから、我々が日常的に使用している「グレゴリオ暦」よりも、より自然の流れに即したカレンダーであるとされています。

この「13の月の暦」を意識することで、だんだんと壮大な自然のリズムと同調してきて、月経周期や心身バランスが整ってくるとも言われているようです。

画像2

 

■「時間をはずした日」ってなに?

この「13の月の暦」では、28日×13ヶ月=「364」日となり、太陽年である「365」日に1日足りません。

そこで、新年元旦の前に「時間をはずした日」が加えられました。

「時間をはずした日」は、文字取り「時間」という概念を超える日。
1年に一度のこの特別な日は、時間を忘れ、自由に好きな場所へ旅することが可能です。

画像3

 

■「時間をはずした日」の恩恵を最大限に受け取る方法

では「時間をはずした日」の恩恵を最大限に受け取る方法を、いくつかシェアさせていただきますね。

~*~*~*~*~*~*~*~*~

●屋外へ出るか、ベランダへ出るか、窓を開けて風を通し、新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んで、あなたを取り巻く「自然」に感謝を捧げましょう。

●半日、数時間、1時間でもいいので、「時間」を気にせず自由に好きなように過ごすひとときを、ご自身にプレゼントしてあげて下さい。

●ヘンプ、麻、オーガニック・コットンなど「自然素材」の衣服を着て過ごしましょう。そのような衣服をお持ちでない場合は、買いに出かけてもいいですね。

●人工添加物を含まないオーガニック・フーズを食しましょう。

●大地に寝転がったり、裸足で土の上や砂浜を歩いてアーシング。足は少し濡らして湿らせた方が効果的です。できれば30分ほどアーシングして、大地に不要エネルギーを吸い取ってもらいましょう。瞑想をしてもいいですね。大地に感謝を忘れずに。

●夕食後、この日1日の飲食物と、その食べ物飲み物が収穫された場所を書き出します。そして、その場所に思いを馳せ、その場所の海や山、田畑などの自然と、収穫してくれた人、加工してくれた人、運んでくれた人など、関わる全ての人に感謝を送ります。

●天然塩を入れた湯船にゆっくりつかり、半身浴をして、毛穴から汗とともに不要エネルギーを全てデトックスして洗い流しましょう。お好きなアロマや清酒を入れてもいいですね。お風呂あがりには、良質のミネラルウォーターを。

~*~*~*~*~*~*~*~*~

ではでは、どちら様も、自然と織りなすオーガニック・ジャーニー「時間をはずした日」をお愉しみ下さいませ。

―*―*―*―*―*―*―*―*―

 

●古代エジプト・シリウスの叡智

5,000年の封印を解き、豊かさの秘儀をあなたに

【ヒライアカル・ライジング】特別企画

*ナイル・アバンダンス・フロー*モニター募集

―*―*―*―*―*―*―*―*―

 

《373 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%EF%BC%93%EF%BC%97%EF%BC%93/?c=88507