あなたはどのタイプ?心と生活で分かる脳内物質分泌タイプをチェック!–有田秀穂先生監修–

有田秀穂先生 増やせば、心はいつでもHAPPY!「脳内セロトニンUP 大作戦」PART.2
あなたはどのタイプ?心と生活で分かる脳内物質分泌タイプをチェック!–有田秀穂先生監修–

有田秀穂先生 増やせば、心はいつでもHAPPY!「脳内セロトニンUP 大作戦」
PART.1はこちら

Check
セロトニンorドーパミンorノルアドレナリン脳内で多いのは?

心と生活で分かる脳内物質分泌タイプ。
Q1~30で当てはまる項目をチェックしてみましょう。

Q01 他人に対して「こんなにしてあげたのに」と思うことが多い……A
Q02 他人が喜ぶ顔を見ることはとても嬉しい……C
Q03 緊張しやすいタイプだと思う……B
Q04 他人のために自分の能力と時間を提供できる……C
Q05 思い通りにならないとイライラする……B
Q06 欲してばかりで人に与えようとしない……A
Q07 忍耐強いタイプだと思う……C
Q08 記憶力が高いと思う……B
Q09 人と接することが好き。話好きだ……C
Q10 物質的な欲望が満たされることに価値を感じる……A
Q11 トラブルがあるとパニックになりやすい……B
Q12 執着心が強い……A
Q13 将来を不安に思うことが多い……B
Q14 感動的な映画を観て、泣くことがよくある……C
Q15 人の短所より、長所のほうが気が付く……C
Q16 人と接することが苦手だと思う……B
Q17 喧嘩をしても、相手の立場に立って物事を考えられる……C
Q18 自動車の運転が得意だ……B
Q19 お金を「もっと、もっと」と稼ぎたくなる……A
Q20 スポーツ観戦では、我を忘れて応援し、周りの人と盛り上がる……C
Q21 「自分へのご褒美」は、だんだん豪華になっている気がする……A
Q22 仕事に対するモチベーションは高いほうだと思う……A
Q23 ストレスに弱いほうだと思う……B
Q24 募金やボランティア活動には積極的に参加する……C
Q25 腹が立って仕方がなくなることが多い……B
Q26 夢が大きく、やりたいことがたくさんある……A
Q27 目標達成のためなら、何でもできる気がする……A
Q28 感情的に怒ったり泣いて、他人にあたることは少ないと思う……C
Q29 認められたいという欲求が高い……A
Q30 “仕事モード”になると、集中力が非常に高まる……B

Answer
多く分泌されている物質は?あなたの脳内物質タイプ回答

Q1~30で当てはまる回答A・B・Cを数えて一番多い項目があなたのタイプ
異なる英字が同数の場合はそれぞれを参考にして。

Aが多かったあなたはドーパミン型
快のためならどんな努力も継続する

ドーパミンは脳を興奮させて「快」「意欲」をもたらす神経伝達物質。
あなたは、目標を掲げ、モノや名誉などの報酬を前提に努力する「学習脳」の働きが高い人。成功を求めて意欲的に頑張るのでは。けれども望んだ報酬が得られないと、買い物、食べ物、お酒などでストレス解消しがちなのは、ドーパミン神経の暴走の表れなので、意識的に注意して。

Bが多かったあなたはノルアドレナリン型
適度に分泌されると仕事効率UP

瞬時に情報を分析し、経験と照らし合わせながらベストな行動を選択し、行動する働きを持つ「仕事脳」。その活性に関わる脳内物質がノルアドレナリンだ。
ストレスに敏感に反応して身を守ろうと働き、適度に分泌されることで、脳を“戦闘モード”に導き、高い集中力を発揮。けれどもストレスが続くと不安を強く感じやすいので、オンオフの切り替えを。

Cが多かったあなたはセロトニン型
他者のために何かをして幸せを感じる

ノルアドレナリン・ドーパミンの暴走を抑えるセロトニン。ストレスに動じない心をもたらし、頭の冴えた、冷静な状態を保つのを助けてくれる。充分に分泌されているあなたは、自分の心と他人を共鳴させる「共感脳」の働きが高く、ストレスに心が惑わされることも少ないのでは。
人間らしい、優しい心で毎日を送ることができるリラックス上手といえる。

~つづく~

バックナンバーはこちら

<プロフィール>

有田秀穂先生
「セロトニン研究」の第一人者。東京大学医学部卒業。
東邦大学医学部統合生理学で坐禅とセロトニン神経・前頭前野につ
いて研究。セロトニンDojo代表

http://www.serotonin-dojo.jp/

<information>
有田先生が、9月開催「健康生活フェア」にご出演決定!講演を行います!

【日時】9/21(日)12:30~13:30
【場所】パシフィコ横浜 健康生活フェア会場内
詳しくはコチラ>>健康生活フェア
http://www.healthylifefair.net/2014_yokohama/archives/guest/aritahideho